IS6FXはサラリーマンの副業に最適!

IS6FXは、2016年にis6comとしてスタートした海外FX業者です。日本人にも非常に人気があり、2020年9月にサービスを一新。新たにIS6FXとしてスタートしました。

このIS6FXですが、実はサラリーマンの副業に最適なことを皆さんはご存知でしょうか?

今回は、IS6FXサラリーマンの副業に最適な理由についてしっかりと見ていきましょう

海外FXは副業禁止の会社でもできる可能性が高い

そもそも、副業が禁止されている会社に勤めている場合、「海外FXってやって良いのかな?」と思う方もいると思います。

結論から言うと、副業が禁止の会社の場合でも海外FXをすること自体問題ありません。

なぜなら、投資を禁止している会社はほとんどないからです。あくまで海外FXは株式投資や投資信託などの投資と一緒となります。

ただし、銀行員や証券会社など金融機関にお勤めの方や公務員の方など、会社の規則でFX投資が禁止されているところもありますので注意しましょう。

とはいえ、一般の会社に勤めている方の場合、副業が禁止であってもほとんどの会社では海外FX利用はできるはずです。

安心して取り組めるのは海外FXが副業として最適な最大の理由になりますが、違反では無いとはいえ会社に海外FXをしていることがばれるのが嫌な方もいるのではないでしょうか?

「もし会社にわかってしまうと変な目で見られる」

このように思われている方もいるかもしれません。しかし、海外FXの利用は会社にばれる可能性がほとんどありません。

IS6FXのトレードが会社にばれる可能性はほとんどない

IS6FXを始めとする海外FX業者でのトレードが会社にばれる可能性はほぼありません。

しかし、気を付けていないと会社にばれてしまう可能性はあります。

ここからは会社にばれてしまうありがちな理由について見ていきましょう。

FXトレードによる副業が会社にばれてしまう主な理由は3つです。

会社にばれてしまう理由
  • 同僚に喋ってばれる
  • 金遣いが荒くなってばれる
  • 確定申告でばれる

    同僚に喋ってばれる

    意外と多いのが、飲み会の席などで同僚に喋ってばれるケースです。

    気を許している同僚だとつい海外FXについて話したくなってしまう気持ちはわかりますが、この手の投資の話については意外と聞いた人は覚えているものです。人によっては、他の人に話してしまう可能性もあるでしょう。

    1人にでも話してしまうと、あっという間に広がり結果的に会社にばれてしまいます。もし、会社に海外FXについてばれたくない場合は、絶対に言わないようにしましょう。

    金遣いが荒くなってばれる

    IS6FXを始めとする海外FXは、国内FX業者に比べて段違いに高いレバレッジがかけられるため、一度の取引で大きな利益を上げることができます。特にIS6FXでは、最大1,000倍のレバレッジをかけられますので、一瞬にして大きな利益が得られる可能性があります。

    大きな利益を上げるとつい気が大きくなってしまい、今までとは全く違うお金の使い方をする方もいるので注意しましょう。

    お金の使い方が変わると会社の同僚などにばれる可能性は極めて高くなります。

    確定申告でばれる

    海外FXでの取引が会社にばれてしまう最も多い理由が確定申告です。

    海外FXの利益は、総合課税に該当しますので確定申告をする必要があります。

    ちなみに総合課税の税率については以下のようになります。

    課税される所得金額 税率 控除額
    1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
    1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
    3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
    6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
    9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
    18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
    40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

    一見すると高い税率のように見えますが、利益が少ない場合、国内FXの20.315%の税率よりも低くなります。

    ではなぜ、海外FXの利用が確定申告でばれるのでしょう?

    その秘密は住民税にあります。

    住民税の納付は会社員の場合、給料から天引きされます。海外FXで得た利益についても、確定申告の仕方を気をつけないと給料から天引きされてしまいます。すると、当然、利益分だけ多くの住民税を支払わなければならないので、会社から怪しまれることになります。給料だけから支払う住民税より多くなるので会社にばれてしまいます。

    しかし、確定申告のやり方を気をつければ会社にばれるのを回避することはできます。確定申告による住民税の納付方法は、2つあって普通徴収と特別徴収という方法です。

    特別徴収を選択してしまうと、海外FX分の住民税の納付も給料からの天引きになってしまいます。しかし普通徴収を選択すれば、海外FX分の住民税は自分で支払うことができます。つまり天引きされずに済むため会社にばれることはありません。

    会社に海外FXの利用がばれたくない方は、必ず確定申告の際に「普通徴収」を選択するようにしましょう。

    IS6FXサラリーマンの副業に最適な理由は6つ

    IS6FXがサラリーマンの副業に最適な理由はいくつかありますが、その理由は6つあります。

    IS6FXがサラリーマンの副業に最適な理由
    • 最大レバレッジが1000倍
    • スマホでトレードができる
    • ゼロカットシステムが採用されている
    • スキャルピングが公認されている
    • 両建てができる
    • ボーナスが豪華

      最大レバレッジが1000倍

      IS6FXでは最大1000倍のレバレッジがかけられます。

      国内FXの場合は最大レバレッジが25倍なので桁違いに高いレバレッジがかけられるのは大きなポイントです。

      当然、高いレバレッジがかけられるので、より資金効率の高い取引ができるようになります。

      会社員の方の場合、多額の投資資金を用意するのが難しい方がほとんどだと思います。少ない金額でも大きな利益を狙えるのは、IS6FXが会社員の方の副業に向いている大きな理由です。

      たとえば、米ドル円で、1ドル100円の際、10万円で取引したとしましょう。

      10万円÷100円=1000ドルになりますが、ここから1000倍のレバレッジがかけられますので、1000ドル×1000 =1,000,000ドルの取引ができることになります。もし1円為替が円安方向に進んだ場合、101円× 1,000,000ドル= 1億100万円になるので何と為替が1円動いただけで100万円の利益が得られるのです。

      もちろん証拠金維持率に注意しないとあっという間にロスカットに引っかかってしまうので、こんなにうまくいかない場合がほとんどですが、いずれにしても高いレバレッジがかけられるので、極めて資金効率が高いトレードができます。

      スマホでトレードができる

      IS6FXは世界最大のFXのプラットフォームであるMT4の利用が可能です。

      このMT4を使い、IS6FXではスマートフォンでトレードが可能です。世界最大のプラットフォームで外出先でも気軽にトレードできるのは、会社員の方にとって非常に便利ではないでしょうか。

      仕事のちょっとした隙間時間にトレードができますし、帰りの電車の中でトレードをすることもできるでしょう。このように場所や時間を選ばずにスマートフォンで取引できるのもIS6FXが会社員の方の副業に向いている理由です。

      もちろんMT4での取引になりますので、自分好みのチャートを作ったり、多種多様なインジケーターの利用ができるのも利点となるでしょう。

      ゼロカットシステムが採用されている

      IS6FXでは、ゼロカットシステムが採用されています。

      ゼロカットシステムとは、最大損失額が入金したお金までとなる強制決済システムです。どんなに相場が急変しても、入金したお金以上に損をすることはないので、安心して取引できるため、非常に安心感があります。

      また、IS6FXのロスカットラインは20%と国内FX業者に比べかなり低めに設定されています。ロスカットラインが低ければギリギリまで取引できるため、資金効率の良いトレードが可能となります。

      会社員の方は、常日頃相場を見ているわけにはいきません。そのため、ゼロカットシステムが採用、極めて資金効率が高い取引ができるIS6FXは非常に便利な海外FX業者と言えるのではないでしょうか。

      スキャルピングが公認されている

      IS6FXは、スキャルピングが公認されています。

      スキャルピングとは数秒や数十秒という単位でトレードを積み重ねていく手法です。

      一回あたりのトレード時間は非常に短く、リスクを抑えて取引できるのが特徴です。

      また、レンジ相場がFXでは大部分を占めるので、レンジ相場で利益が取りやすいのもスキャルピングの特徴です。

      しかし、FX業者の中にはスキャルピングが禁止されているところもあります。トレード回数が非常に多くなるため、FX業者のサーバーに負担がかかるからとされています。安全を期して多くのFX業者ではこのスキャルピングを禁止しているとみてよいでしょう。

      しかし、トレーダーから見るとスキャルピングは利益が取りやすいトレード手法です。

      多くのFX業者で禁止されている中、IS6FXではこのスキャルピングが公認されているため、安心してスキャルピングを行うことができます。特に会社員の方の場合、短いトレード時間で取引が完結するのは非常に効率が良いと言えます。

      仕事のちょっとした空き時間にトレードできるのはスキャルピングが利用できる最大のメリットです。

      両建てができる

      IS6FXは両建てが可能です。両建てとは「買い」と「売り」の取引を同時に行う手法です。

      両建てをうまく使うことによって「買い」と「売り」の両方で利益が狙えますし、相場動向を見極めるのにも役に立ちます。

      しかしこの両建てですが、多くのFX業者では禁止されています。

      トレーダーにとって有効なトレード手法が禁止されているのはデメリットとなりますが、IS6FXでは、同一口座内での両建てについては禁止されていません。

      他社との両建てなどは禁止されていますが、同一口座内で両建てができれば問題なく両建てできる点は魅力です。

      相場動向を見極められる両建てが行えるのも、IS6FXが会社員の副業に向いている大きな理由となります。

      ボーナスが豪華

      IS6FXはボーナスが非常に豪華です。

      IS6FXでは「新規口座開設キャンペーン」や「入金額の2倍の取引ができるキャンペーン」などを頻繁に行っています。

      国内FX業者もキャンペーンを行っていますが、ここまで豪華なキャンペーンを行っている業者はまず無いです。

      投資資金あまりない会社員の方にとって、ボーナスが豪華なのは非常に大きなメリットとなるはずです。

      まとめ:IS6FXで夢をつかもう

      多くの企業では、年功序列の賃金体系が崩れ、終身雇用もほぼ崩壊しています。

      しかし、物価は年々上昇しており、豊かな生活を行うためにはどうしてもお金が必要となります。

      給料だけではもはや豊かな生活を送るのが難しい時代になってきています。

      副業全盛の時代ですが、副業を行うにはどうしても体力が奪われますし、本業に支障が出てしまう可能性が高いです。

      かしIS6FXであれば、気軽に取引できますし、ちょっとした空き時間でスマートフォンで取引可能です。

      また、IS6FXは最大1,000倍のレバレッジがかけられ、資金効率の高いトレードもできます。

      このように、IS6FXはまさに会社員の副業にぴったりと言えるでしょう。

      ぜひ、IS6FXを利用して大きな利益を獲得してください。

      おすすめの記事