本当は安全なGEMFOREX(ゲムフォレックス)!でもなぜ「危険」と言われるの?

海外FX業者の「GEMFOREX」の安全性はかなり高いです。

しかし、「GEMFOREXは危険」という声が少なくありません。なぜそんなことを言われてしまうのでしょうか?

GEMFOREXの「最大レバレッジ1,000倍」が理由の1つ

GEMFOREXの最高レバレッジは1,000倍です。たとえば、1万円の資金があれば1,000万円分の取引をすることが可能となります。

率直に言ってこのレバレッジ1,000倍が持つ、感覚的なメチャクチャさが、多くの人に「危険」と評価されてしまう理由の1つなのだと思います。

しかし、「ハイレバレッジトレードは危険」と言っている人のほとんどは、どこか「ギャンブル的なもの」を連想しているのではないでしょうか。

それこそ、「有り金を突っ込んで、レバレッジ1,000倍で大勝負」というようなもの。もしそうなら「危険」であることは確かです。安全性は非常に低いです。

ところが本当にレバレッジ1,000倍を活用している人は、「FXを知らない人」とは全く別の考え方をします。「むしろレバレッジ1,000倍のほうが安全」という発想です。

たとえば、国内FXのレバレッジ倍率は最大で25倍までと決まっています。レバレッジ25倍で1,000万円分のトレードをしようと思ったら、最低でも40万円は自己資金を作らなければなりません。

ですが、GEMFOREXのレバレッジ1,000倍であれば、たった1万円用意するだけでいいのです。

ハイレバレッジ1,000倍は、「大勝負をするための手段」ではなく、「少ない自己資金で安全にトレードをするための手段」なのです。

「ハイレバレッジだと損失が大きくなる」のは本当か?

しかしFX未経験の方からすると、「『少ない資金で取引するためのハイレバレッジ』という理屈は分かったけれど、その分損失も大きくなるんでしょ?」という疑問が浮かぶかもしれません。

ですが、それも違います。

たとえば、

取引量:1,000万
レバレッジ:1倍
自己資金:1,000万円

だと自己資金1,000万円を失う可能性がありますが、

取引量:1,000万円
レバレッジ倍率:1,000倍
自己資金:1万円

であれば、最大でも1万円しか失いません。

ですから、レバレッジ倍率が高いほうがやはり安全なのです。

とにかくレバレッジは「トレードを、少ない資金で行うための手段」でしかありません。しかし、正直なところ「ハイレバレッジは危険!」という感覚が消えて、「ハイレバレッジのほうが安全なのだな」と実感できるのは、実際にFXトレードを始めてからの話になるかもしれません。

GEMFOREXは「ゼロカット」でトレードの安全性を高めている

ロスカット:含み損が一定まで大きくなった段階で、FX業者側が強制的に決済すること

GEMFOREXも当然このロスカットを行いますので、ユーザーは基本的に「口座資金が完全に尽きる前」にトレードを終わらせることができます。

ですがたまに「相場の動きが激しすぎて、ロスカット処理が追い付かず、口座資金がマイナスになってしまう」というケースがあります。

こうなると、例えば「自己資金は10万円だったのに、12万円失ってしまった」という事になりかねません。

というのが本来のFXトレードのデメリットの一つなのですが、海外FX業者のGEMFOREXは「ゼロカット」という、「口座資金がマイナスになったら、プラスマイナスゼロになるまで補填するシステム」を採用しています。ですから、「自己資金が10万円だったら、なにがあっても10万円までしか失わない」という事になります。これは非常に安全です。

「ゼロカットしてください」などとGEMFOREX側に申請する必要はなく、自動的に補填されます。とはいえ、ゼロカット処理が完了するまでに1時間程度かかるそうなので、焦らないでください。

ちなみに、国内FX業者は法的な理由でゼロカットシステムを使えません。

ですから、そういった点ではGEMFOREXなどの海外FX業者のほうが安全だと言えます。
※全ての海外FX業者がゼロカットをやっているわけではありません。

「最近まで金融ライセンスを持っていなかった」のも危険と言われる1つのワケ

金融ライセンス:金融規制当局からもらえる「この金融事業者はきちんとしていますよ」というライセンス。「どこの国の金融ライセンスか」によって信頼性が変わる

非常に厳格な審査をパスしないとゲットできない金融ライセンスもあれば、「登録料を支払うだけ」で獲得できるライセンスも存在します。

GEMFOREXはつい最近まで、「大手FX業者なのに、金融ライセンスを持っていない」という非常に珍しい企業でした。ですが、2019年6月に「ニュージーランドの金融ライセンス」を獲得しました。ニュージーランドの金融ライセンスのグレードは、「超一級ではないが、十分信頼できるレベル」。監視体制としては、「日本の金融庁と同等か、少し低いくらい」とされていました。

しかし、2021年にはモーリシャス金融ライセンスを取得。これはニュージーランドの金融ライセンスよりも格上のものとなり、これを取得したことでさらに信頼性を増すこととなりました。

これほどの金融ライセンスを取得できるくらいですし、GEMFOREXの安全性は高いと言えます。

ただし、「ついこの間まで金融ライセンスがなかった」ことは確かですから、インターネット上にはまだまだ「GEMFOREXは危険」「GEMFOREXに入金するのは怖い」などの口コミが少なくありません。

こういった評判が消えるまでには、もう少し時間がかかりそうな気がします。

ちなみにGEMFOREXに限らず、ほとんどの海外FX業者は日本の金融庁に登録していません。ですが、登録してしまえば、「日本のルール」に従うことになるので、最大レバレッジは25倍に下がるでしょうし、ゼロカットもできなくなります。ですから、「登録しようと思えばできるけれど、あえて登録していない」のだと考えましょう。

補足:金融ライセンスがない時期のGEMFOREXの安全性は?

「金融ライセンスを取る→安全性が上がる」という事はありえません。

まとめ:GEMFOREXの安全性は高い/ハイレバも安全です

以上、GEMFOREXの安全性について見てきました。

まとめると、

レバレッジ1000倍について
  • 「トレードを、少ない自己資金で行える」のでむしろ安全
  • 「ハイレバレッジが危険」になるのは取引量をむやみに増やすときだけ
  • 「ハイレバレッジは安全」という感覚は実際にトレードしないと実感できないかも?

「取引量が多いと危険」なのは確かですが、これも別に「ハイレバレッジのせい」というわけではありませんよね。
変な言い方かもしれませんが、「取引量が多いと安全性が下がるのは、取引量が多いから」でしかありません。

金融ライセンスについて
  • モーリシャスの金融ライセンスを取っている
  • 金融ライセンスを取ってから間もないのでまだ「悪い評判」が残ってしまっている
  • 金融ライセンスを取る前から安全性は高かった
おすすめの記事