FXGTでスキャルピングはできる?FXGTの規約やメリット・デメリット

FXGTとは、2019年に設立されて以降、多くの投資家から注目を集めている人気のFX業者です。

FXGTは設立当初から豪華なボーナスキャンペーンを行っており、それで知ったという方も多いのではないでしょうか?
キャンペーンだけではなく、最大レバレッジが1000倍まで利用することができたり、豊富な口座タイプから選ぶことができたりと、取引環境もトレーダーの要望を叶えたものが多く、今最も注目すべき海外FX業者だと言えます。

そのため、FXGTを使って取引をしたいという方も多くいることでしょう。
その中には、スキャルピングの取引を考えている方も多数いるのではないでしょうか?

ただ、海外FX業者の中にはスキャルピングでの取引を禁止しているところも多くあるので、規約違反になってしまわないか気になっているトレーダーもいるでしょう。

そこで今回は、スキャルピングの取引をする方向けに、FXGTでスキャルピングの取引ができるのかどうか、スキャルピングの取引を行うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

FXGTでスキャルピングの取引は可能

 

スキャルピングの取引を禁止している海外FX業者は案外多くあります。
規約違反をして短期の取引を繰り返していると、口座が凍結されてしまったり出金ができなくなることもあるので、事前に確認しておく必要があります。

FXGTに関しては、スキャルピングの取引を認めています。
これは公式HPのQ&Aの中に記載がされているので、安心して取引を行うことができるでしょう。

FXGTはスキャルピングに向かない?

 

以前はFXGTはスキャルピングに向かないFX業者だといわれていました。

その理由は明白で、2019年にサービスを開始した当初はFXGTが提供している口座はスタンダード口座のみだったことが挙げられます。
スタンダード口座はオールマイティに使うことができる便利な口座となっていますが、そこまでスプレッド幅がせまいわけではないので、短期的に多くの取引を繰り返すスキャルピングの場合、取引手数料の方が多くなってしまい、利益が出しづらい環境だと考えられていたのです。

しかし、FXGTはさまざまな取引をしたいというトレーダーの想いに応え、現在は「スタンダード口座」「セント口座」「ミニ口座」「ECN口座」の4つの口座タイプを準備しています。

この中でスキャルピングの取引に最適なのが「ECN口座」です。
ECN口座では最小スプレッドが0.0pipsとなっている上に、既存の証券会社を通さずに取引をすることができるので、より速いスピードで約定をすることが可能となっています。

このことから、FXGTでスキャルピングをしたいというトレーダーが一気に増えているのです。

 

FXGTでスキャルピングを行うメリット

 

ではここからは、FXGTでスキャルピングを行うメリットについて見ていきましょう。

FXGTで自分の思い通りの取引を行うことができるのかしっかりと検討してくださいね。

 

ECN口座を利用することができる

 

FXGTでスキャルピングができるようになったのは、やはりECN口座が新たに創設されたことが大きいでしょう。
2021年に新たに3つの口座が追加されてから、より幅広い取引を実現することができると評判が高まっています。

ECN口座を利用すれば、最小スプレッドが0.00pipsというスキャルピングに最適な環境で取引を行うことができるので、より利益を出しやすいでしょう。
ECN口座ではスプレッドと別に取引手数料がかかってきますが、往復で10ドルとなっているので、そこまで負担に感じることはありません。

FXGTでスキャルピングの取引をしたいと思っている方は、ECN口座一択でしょう。

 

仮想通貨FXを行うことができる

FXGTがこれほどまでに爆発的な人気となった理由は、FXと仮想通貨のハイブリッド型の取引所という点です。
FXGTで口座開設をすると仮想通貨FXも行うことができるので、より幅広い取引で利益を出すことができます。

仮想通貨は価格の変動が大きいため、短期的な取引を行うという方が多いでしょう。
FXGTで仮想通貨FXを行う場合、他の海外FX業者に比べて圧倒的に狭いスプレッド幅で取引を行うことができるので、より大きな利益を狙いやすい環境と言えるでしょう。

FXGT TitanFX Exness
TradersTrust
BTCUSD 16.3pips 33.1pips 32.7pips 34.9pips
BCHUSD 0.6pips 1.4pips 1.2pips 1.7pips
ETHUSD 1.7pips 11.8pips 3.4pips 2.1pips

 

最大1000倍という圧倒的なレバレッジの高さ

海外FX業者の魅力として、高いレバレッジを挙げる方は多くいるでしょう。
ただ、FXGTの場合はその高さが圧倒的で、最大1000倍となっています。

海外FX業者の中でも1000倍のレバレッジが利用できるところはそこまで多くないので、とても魅力的な点だと言えるでしょう。

スキャルピングの場合、取引時間がかなり短くなるので、その分価格の変動が少なく1回で大きな利益を出すことは難しいと言われています。
しかし、FXGTの場合は1000倍という高いレバレッジを利用することができるので、スキャルピングでも大きな利益を狙った取引が可能だと言われています。

その上、FXGTではゼロカットシステムが採用されているので、大きなレバレッジをかけて取引をしている最中に万が一相場が予想と逆に動いた時でも借金を背負う心配がありません。
そのため、高いリスクを負わずにより大きな利益を出すことができるという点が大きな魅力でしょう。

 

ECN口座以外であれば豪華なボーナスが使える

FXGTの魅力と言えば、やはり豪華すぎるボーナスでしょう。
ボーナスキャンペーンの際にFXGTの口座を開設したという方も多くいるほどです。

海外FX業者の中では豪華なボーナスキャンペーンを実施する業者は多くありますが、その中でも圧倒的なボーナスの豊富さが魅力となっています。
新規のユーザーだけではなく、既存のユーザーも参加できるものが多くありますし、毎月数回キャンペーンが開催される時もあり、あまり多くの資産を投資に使うことができないという方でもボーナス分を活用して十分に大きな利益を狙うことが可能です。

ECN口座以外の口座はボーナスを受け取ることができるので、ボーナスを使ってスキャルピングの取引を行いたいという方は、スタンダード口座やミニ口座を選択するといいでしょう。

 

スキャルピングのEAも使用可能

FXGTでは、裁量のスキャルピングだけではなく自動売買ツール(EA)を使ったスキャルピングの取引も可能となっています。

そのため、初心者の方でどのように取引をしたらいいか分からないという方でも利益を出しやすい環境と言えるでしょう。

FXGTでスキャルピングを行うデメリット

 

FXGTでスキャルピングの取引を行うことは可能ですが、他社と比べて劣る点もあります。
そこでここからは、FXGTでスキャルピングを行うデメリットもご紹介していきます。

メリットとデメリットを見比べて、スキャルピングの取引が行えるかどうか考えてみてくださいね。

 

ECN口座ではボーナスが受け取れない

スキャルピングをするのに最も適しているのは、スプレッド幅の狭いECN口座です。
そのため、スキャルピングをする方はECN口座を開設する方が多いと思いますが、ECN口座ではボーナスを受け取ることができません。

FXGTと言えば、やはり豪華なボーナスを魅力に感じている方も多いと思いますので、その点は残念でしょう。

しかし、他のFX業者でもECN口座ではボーナスの受け取りはできなくなっているため、他社との差はありません。

ボーナスを受け取って取引をしたいという場合は、スタンダード口座やミニ口座を選ぶ必要があります。

 

MT5しか使えない

スキャルピングでの取引を検討している方の中には、自動売買ツールを利用しようと考えている方もいるでしょう。

先ほどもご紹介したように、FXGTではスキャルピングの自動売買ツールも使うことができるのですが、プラットフォームはMT5のみとなっています。

自動売買ツールはまだまだMT4にしか対応していないというものも多くあるので、そのような自動売買ツールを使用したいという場合には、FXGTを利用することができません。

MT5に対応しているスキャルピング用の自動売買ツールもありますので、FXGTを使いたいという場合は探してみるといいでしょう。

 

FXGTでのスキャルピングの評判

 

実際にFXGTを使ってスキャルピングの取引を行っているトレーダーは多くいます。
そのようなユーザーはどのように感じているのでしょうか?

ネット上のトレーダーの声から、FXGTはスキャルピングに向いているのかどうか検証していきましょう。

 

FXGTはスキャルピングに肯定的な意見

FXGTのスキャルピング取引に関する口コミを見てみると、かなり肯定的な意見が多くみられました。

現時点でFXGTを利用してスキャルピングの取引を行っている方は多くいるようです。
その中でも仮想通貨FXのスキャルピングを行っている方は多くみられました。

 

FXGTのスキャルピングに否定的な意見

FXGTのスキャルピングの使用感について調査したところ、否定的な意見を挙げているトレーダーもいました。

いくつか約定が遅い時間帯があるとの声もありました。
しかし、そこまで否定的な意見は多くなかったので、大半のトレーダーがその取引環境に満足しているようです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?FXGTはこれまでスキャルピングには適さないFX業者という見方がありましたが、2021年6月にECN口座を導入してからはスキャルピングの取引を行うトレーダーも増えてきているようです。

特に仮想通貨FXのスキャルピングにはFXGTが最適という声は多くみられたので、今後スキャルピングの取引を行おうと思っている方はぜひ一度FXGTを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事