Focus Marketsの口座開設はありかなしか?日本語で徹底解説!
日本に上陸したばかりの新しい海外FX業者!
取り扱っている銘柄の多さは業界でもトップクラス
サポート力/日本語対応
人気・注目度
入出金のしやすさ
信頼性
プロモーション
VIP対応
総合点
評価中です点/60点
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 30%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 電話、メール、ライブチャット オーストラリア証券投資委員会、セントビンセント・グレナディーン金融庁

メリット
  • 最大レバレッジが1,000倍
  • 安定した高い約定力
  • EAやスキャルピングなどの取引制限がない
  • 取り扱っている銘柄がとにかく豊富
  • 他の業者ではなかなか取り扱いのない仮想通貨指数CFDがある
  • 日本人向けのサポートが充実している

 

Focus Marketsは、かつて日本のトレーダーから高い支持を得ていた海外FXブローカー「Pepperstone」、「Go Markets」、「Anzo Capital」の元メンバーなど経験豊富な人員で構成されています。

PepperStoneの元運営メンバーが2014年に設立した「Titan FX」も充実した取引環境を提供しPepperStone同様、高い人気を得ており、このような流れをくむFocus Marketsもまた、充実した取引環境が特徴的な海外FX業者となっています。

Focus Marketsの企業グループでは、4つのFXブローカー、2つのFXメディアの管理・運営が行われ、全世界で300人以上の従業員が日々の業務に従事しています。

会社概要

会社名 Focus Markets Pty Ltd
本店住所 35th Floor, 525 Collins St, Melbourne VIC 3000
金融ライセンス オーストラリア証券投資委員会(ASIC
セントビンセント・グレナディーン金融監督庁(SVG FSA
創業 2019年
資本金 非公開

日本向けサービスは2022年4月22日よりスタートしました。
1,000種類以上の銘柄が取引可能で、仮想通貨や個別株式の種類が多く、現代のニーズをしっかり捉えています。また、取引サーバーは高い安定性を誇るEqinix社のサーバを利用し、国内外150以上にリクイディティプロバイダ接続しているため、約定力の高い取引が可能です。なお、Focus Marketsは新興ブローカーながら日本語にしっかりと対応しており、日本人でも安心して利用できるブローカーです。

Focus Marketsの安全性と信頼性

Focus Markets(フォーカス マーケット)の日本向けサービスを担う運営会社「Focus Markets LLC」は「セントビンセント・グレナディーン金融監督庁(SVG FSA)」の金融ライセンスを保持しています。SVG FSAのライセンスは比較的取得のハードルが低く、信頼性はあまり高くありませんが、Focus Marketsのグループが取得している「オーストラリア証券投資委員会(ASIC)」の金融ライセンスは高い信頼性を誇ります。

ASICの取得要件は厳しく、しっかりとした運営をしていないと取得することができないライセンスであるためです。

保有する金融ライセンス

Focus Markets LLC セントビンセント・グレナディーン金融監督庁(SVG FSA
登録番号356 LLC 2020
Focus markets pty Ltd オーストラリア証券投資委員会(ASIC
オーストラリアの金融サービスライセンス番号514425

顧客資金は分別管理

Focus Markets(フォーカス マーケット)の日本向けサービスを管理するSVG FSAの金融ライセンスでは、信託保全が義務付けされておらず、顧客資金の管理方法は多くの海外FX業者と同じく分別管理となります。

顧客資金は分けて保存されてはいるものの、信託銀行によって返却となる信託保全性ではないため、万が一Focus Marketsが倒産した場合には資金の返還は保証されていません。

ただし、Focus Marketsの顧客資金は、オーストラリアの大手高格付け金融機関である、ナショナル・オーストラリア銀行 (NAB) にて保管されています。

オーストラリアの金融ライセンスの元に管理されているということで、一定の安心感はあると言えるでしょう。

通貨ペア

メジャー通貨ペア

Raw口座 最小スプレッド スタンダード口座 最小スプレッド
AUD/USD 0.0 pips 1.0 pips
EUR/USD 0.0 pips 1.0 pips
GBP/USD 0.0 pips 1.0 pips
NZD/USD 0.0 pips 1.0 pips
USD/CAD 0.0 pips 1.0 pips
USD/CHF 0.0 pips 1.0 pips
USD/JPY 0.0 pips 1.0 pips

マイナー通貨ペア

Raw口座 最小スプレッド スタンダード口座 最小スプレッド
AUD/CAD 0.1 pips 1.1 pips
AUD/CHF 0.1 pips 1.1 pips
AUD/JPY 0.1 pips 1.1 pips
AUD/NZD 0.2 pips 1.2 pips
CAD/CHF 0.3 pips 1.3 pips
CAD/JPY 0.2 pips 1.2 pips
CHF/JPY 0.3 pips 1.3 pips
EUR/AUD 0.2 pips 1.2 pips
EUR/CAD 0.0 pips 1.0 pips
EUR/CHF 0.2 pips 1.2 pips

〇〇〇〇〇〇

EUR/GBP 0.0 pips 1.0 pips
EUR/JPY 0.3 pips 1.3 pips
EUR/NZD 0.2 pips 1.2 pips
GBP/AUD 0.3 pips 1.3 pips
GBP/CAD 0.4 pips 1.4 pips
GBP/CHF 0.3 pips 1.3 pips
GBP/JPY 0.1 pips 1.1 pips
GBP/NZD 0.2 pips 1.2 pips
NZD/CHF 0.1 pips 1.1 pips
NZD/JPY 0.1 pips 1.1 pips

エキゾチック通貨ペア

Raw口座 最小スプレッド スタンダード口座 最小スプレッド
AUD/SGD 0.2 pips 1.2 pips
EUR/NOK 0.1 pips 1.1 pips
EUR/TRY 6.8 pips 7.8 pips
EUR/HUF 0.1 pips 1.1 pips
SGD/JPY 0.2 pips 1.2 pips
USD/DKK 0.1 pips 1.1 pips
USD/HKD 0.1 pips 1.1 pips
USD/HUF 0.1 pips 1.1 pips
USD/NOK 0.1 pips 1.1 pips
USD/PLN 0.1 pips 1.1 pips

〇〇〇〇〇〇

USD/SEK 0.1 pips 1.1 pips
USD/SGD 1.0 pips 2.0 pips
USD/TRY 0.1 pips 1.1 pips
USD/ZAR 0.1 pips 1.1 pips
CNH/JPY - -
MXN/JPY - -
NOK/JPY - -
ZAR/JPY - -
XAU/JPY - -

Focus Marketsのメリット

充実した金融インフラによる高い約定力

Focus Markets(フォーカス マーケット)では、世界中の金融機関やGoogle、Amazonといった大手企業が利用している「Eqinix社」のデータセンターを金融インフラに採用しています。

Eqinix社は、高い信頼性と安定したサーバーを世界各国に配置しており、高速通信によるスムーズな約定が可能です。

また、Focus Marketsでは日本国内を含め150以上のリクイディティプロバイダに接続して高い流動性を確保し、注文のマッチング率を向上しています。

さらに、通常公開されることが少ないリクイディティプロバイダをFocus Marketsは全て公開しており、透明性の高さも安心できるポイントです。

口座残高が増えても高いレバレッジを利用可能

Focus Markets(フォーカス マーケット)の最大レバレッジは1,000倍と平均的な水準ですが、レバレッジ制限後も500倍のハイレバレッジを利用できることはメリットです。

高いレバレッジを提供する海外FX業者では、口座残高が増加した際にリスクを回避するという理由で、口座残高が数百万円になったらレバレッジを100倍程度に制限するのが一般的です。

Focus Marketsでは、どれだけ口座残高が増えても500倍のレバレッジで取引できます。

レバレッジ制限

Focus Market
10万円未満 1,000倍
10万円~50万円
50万円~100万円
100万円~200万円 500倍
200万円~300万円
300万円~500万円
500万円~1,000万円
1,000万円~1,500万円
1,500万円~2,000万円
2,000万円以上

EA、スキャルピング、指標前後のトレードに制限無し

Focus Markets(フォーカス マーケット)では、EAやスキャルピング、指標前後のトレードといった一般的な海外FX業者が設定する取引制限がありません。そのため、Focus Marketsではどのようなトレードスタイルでも特に規制を受けることなく取引が可能です。

また、他の海外FX業者では、スキャルピング取引が可能だとしても、時間制限などが設けられている場合もありますが、Focus Marketsではいつでも気にすることなく取引ができます。

ただし、異なる業者間の価格差から利益を得る「アービトラージ」は禁止されています。

ストップレベルが0に設定されている

Focus Markets(フォーカス マーケット)では、指値注文や逆指値注文を設定する際に、現在レートから離して設定しなければならない「ストップレベル」がゼロに設定されています。これにより、指値注文・逆指値注文を自由に制限なく設定することが可能です。

ストップレベルゼロには以下のようなメリットがあります。

スキャルピングがしやすくなる

指値・逆指値注文に制限がなくなりますので、スキャルピングのような細かな動きによる利益を狙いやすくなります。

また、同じ理由でスキャルピングEAを活用する場合も、ストップレベルが無いことにより設定したロジック通りの発注がされやすいため稼働させやすいです。

日本人スタッフによるサポート体制が整っている

Focus market(フォーカス マーケット)は2019年と比較的最近に創立したブローカーですが、公式ページやサポートなどの日本語サポートが充実しています。

サポートの手段として、メール・チャット・電話の3種類が用意されていて、平日(月~金)の9:00から18:00(日本時間)まで利用可能です。

サポートセンターの応答はすべて日本人スタッフによるもので、日本語表現に対する不自然さを感じることはないでしょう。

海外FXでは不明な点やトラブルが発生した際、日本語のサポートがあるかどうかで解決の難易度が変わります。日本語対応がしっかりしているFocus Marketsは安心して利用できますね。

MT4(MetaTrader4)、MT5 MetaTrader5)が使える

Focus Marketsでは、定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。
現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。
EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、トレーダーは少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。スマホ・タブレットは、自動売買できません。

Focus Marketsのデメリット

新興ブローカーであり、情報量が少ない

Focus Markets(フォーカス マーケット)は2022年4月22日より日本向けサービスを開始したため、日本語で情報をまとめているサイトが少なく、情報を手に入れにくいというデメリットがあります。

運営歴の長い海外FX業者には、情報をまとめた多くのウェブページがあり、多少不明な点があっても検索によって解決可能です。

しかし、Focus Marketsには現在、まとまった情報が少なく公式による日本語ブログも無いため、情報を得る場合公式に頼る必要があります。

Focus Markets公式ページは日本語に対応していますが、細かい部分まで丁寧に書かれていない場合や、実際に口座開設していないと分からないような情報も多く、解決できない疑問も生じるかもしれません。

ただし、Focus Marketsでは日本語対応しているチャットがありますので、気になった情報はすぐに聞くことが可能です。疑問が明確である場合、すぐに解決できることが多いためそれほど問題にならないことでしょう。

選択できる口座の数が2種類と少ない

Focus Markets(フォーカス マーケット)で選択できる口座の数は2種類と、一般的な海外FX業者と比較すると少な目です。

海外FX業者の中には、スプレッドや手数料といった取引条件が細かに異なる口座タイプを複数種類の取引口座を提供しているところも多いですが、Focus Marketsでは口座の選択肢が限られることがデメリットと言えます。

口座についての詳細

スタンダード口座 Raw口座
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
株式
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
株式
取引手数料 無料 片道3.5ドル
スプレッド 1.0~1.4pips 0.0~0.4pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 40ロット 40ロット
最大ポジション数 指定なし 指定なし
ストップレベル 0pips 0pips
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 80% 80%
ロスカット 30% 30%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 1万円 1万円
キャンペーン 対象 対象

Focus Marketsの通貨ペア

Focus Marketsの取扱銘柄は、通貨ペア51銘柄、貴金属(金・銀)3銘柄、エネルギー(原油)2銘柄、株式650銘柄以上、株価指数16銘柄、仮想通貨350銘柄以上です。

通貨ペアはクロス円も充実していますが、クロスカレンシーもBRL・HKD・THB・MXNなど、マイナー通貨も数多く取り扱っています。さらに、株式と仮想通貨の銘柄数も業界トップレベルです。

クロス円
AUD/JPY MXN/JPY
CAD/JPY NOK/JPY
CHF/JPY NZD/JPY
CNH/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
GBP/JPY ZAR/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/USD
AUD/NZD NZD/CAD
AUD/SGD NZD/CHF
AUD/USD NZD/USD
CAD/CHF USD/BRL
EUR/AUD USD/CAD
EUR/CAD USD/CHF
EUR/CHF USD/DKK
EUR/DKK USD/HKD
EUR/GBP USD/HUF
EUR/HUF USD/MXN
EUR/NOK USD/NOK
EUR/NZD USD/PLN
EUR/PLN USD/SEK
EUR/TRY USD/SGD
EUR/USD USD/THB
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
GBP/CHF

Focus Marketsの入金方法

1. 銀行振込
2. クレジットカード
3. bitwallet
4. 仮想通貨

Focus Marketsの入金方法一覧

利用可能な
口座通貨
処理時間 手数料 入金限度額
銀行振込 JPY, USD 2~5営業日 無料 なし
クレジットカード(VISA/Mastercard) JPY, USD 即時 無料 50万円
bitwallet JPY, USD 即時 無料 100万円
仮想通貨BTC,USDT
(ERC20・TRC20)
USD 即時 無料 なし

Focus Marketsの出金方法

出金は、基本的には入金した手段と同じ方法を利用する必要があります。また、Focus Marketsでは出金手数料が課されませんが、各プラットフォームを利用して出金をする際には手数料がかかることには注意が必要です。

処理時間 手数料
国内銀行送金 2~5営業日 無料
クレジットカード(VISA/Mastercard) 1~5営業日 無料
bitwallet 1~2営業日 無料
仮想通貨 1~2営業日 無料

日本語対応とサポートデスク

日本語サイト Webサイト・ポータル共に日本語対応
取引ツール MetaTrader4/MetaTrader5
日本語サポート 日本人在籍。
メール・サポートチャット・電話によるユーザー対応を実施。
サポート対応時間 Eメール/電話/チャット対応】
平日(月~金)日本時間の900から1800
メールアドレス jp.support@focusmarkets.com
(全角@を半角に変えて送信してください。)
電話番号 【カスタマーサービス】
+61 03 8376 1322
おすすめの記事