FBSで取引するのは危険?FBSのデメリットと実態を徹底調査!

FBSとは、最大3000倍という高いレバレッジをかけることができることで人気の海外FX業者です。
ハイレバレッジがかけられば効率的なトレードを行うことができるので、FBSを使ってみたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか?

しかし、FBSにはメリットだけではなく、デメリットもあります。対策を行っておけば問題ありませんが、事前にリスクとなる部分を理解したうえでトレードを行わなければ、予想していなかった損失を出してしまう可能性もあります。

今回は、FBSのデメリットやリスクとなる部分について細かく見ていきましょう。

FBSのデメリット

ここからは、FBSのデメリットについて具体的に見ていきましょう。

3,000倍のレバレッジが使えるのは2万円まで

FBSの魅力としてよく挙げられるのが、最大3,000倍のレバレッジです。
そのため、より大きなレバレッジをかけて効率のよい取引をしたいと思っている方もいるでしょう。

しかし、FBSでは常に3,000倍のレバレッジをかけられるわけではありません。
FBSには6つの口座タイプが用意されていますが、口座によってレバレッジが異なります。
そのため、3,000倍のレバレッジをかけるのであれば、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」の3つの中から選択する必要があります。

 

口座タイプ レバレッジサイズ
スタンダード口座 3000倍
セント口座 1000倍
マイクロ口座 3000倍
ゼロスプレッド口座 3000倍
ECN口座 500倍
仮想通貨口座 5倍

また、口座残高の金額によってもレバレッジ規制が設定されています。
そのため、3,000倍のレバレッジをかけるためには、200ドル以下の証拠金残高でなければいけません。

200ドル以上になると、レバレッジ制限がかかってしまうので、注意しておきましょう。

 

 

口座残高 レバレッジ
~200ドル 3,000倍
200~2,000ドル 2,000倍
2000~5,000ドル 1,000倍
5000~30,000ドル 500倍
30000~150,000ドル 200倍

3,000倍のレバレッジはあまり類を見ない

FBSのレバレッジを期待してFBSを利用しようと検討している方は、口座タイプや口座残高に応じてレバレッジに制限がかかる点をデメリットと感じるでしょう。しかし、3000倍というハイレバレッジは他社でもあまりありません。

海外FX業者は国内FX業者に比べて高いレバレッジとなっていますが、それでもその平均値は400~500倍と言われています。
そのため、比較してみるとFBSのレバレッジはかなり高い設定になっていることが分かります。

このことを考えてみると、最大3,000倍という設定になっているだけでもメリットだと言えるでしょう。
また、レバレッジに制限があっても、5,000ドルまでであれば他の業者と比べても高い数値となっているので、十分効率のよい取引を行うことができます。

 

3つの口座で3,000倍のレバレッジが使える

FBSでは6つの口座タイプが用意されていますが、その中で3,000倍のレバレッジをかけることができるのは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」の3つとなっています。

他のFX業者を見てみると、高いレバレッジサイズを使えるのは、オーソドックスな「スタンダード口座」のみとなっているケースも多くあります。しかし、FBSの場合はより少額での取引が可能な「マイクロ口座」やスプレッドが小さい「ゼロスプレッド口座」でも3,000倍のレバレッジをかけることができるので、この点は大きなメリットだと言えるでしょう。

取引できる通貨ペアが少ない

FBSは他の海外FX業者と比べて、取引できるFXの通貨ペアが少ない点がデメリットですす。

FBSの通貨ペアは最大38銘柄となっており、すべての銘柄を取引できるのは「スタンダード口座」と「セント口座」のみとなっています。その他の口座となると、数が減ってしまっているので、思ったように取引ができないと感じる方もいるようです。

他社の取引銘柄数を見てみると、50種類以上が用意されているケースが多いため、圧倒的に少ないということができます。
そのため、FBSを使う前に自分が取り扱いたいと思っている銘柄があるかどうかしっかりとチェックしておいた方がよいでしょう。

仮想通貨銘柄が豊富

FBSでは、仮想通貨口座が用意されており、118もの銘柄が用意されているため、自由に選ぶことができます。

現在、多くの海外FX業者が仮想通貨の取引に力を入れており、取り扱えるところも増えていますが、専用の口座が用意されているところはほとんどありません。その上、仮想通貨同士の通貨ペアは取引できず、仮想通貨と法定通貨を組み合わせたものしかできないというケースが多いようです。

しかし、FBSの場合は仮想通貨同士のペアや仮想通貨と法定通貨、仮想通貨と金属などさまざまな組み合わせで取引をすることができる点が高く評価されています。

法定通貨の通貨ペアは少ないですが、仮想通貨の取引をしたいと思っている方にとっては魅力のあるFX業者だと言えるでしょう。

スプレッドが広い

FBSは他社に比べて、スプレッドが広いと言われています。

実際に見てみても、スタンダード口座の最小スプレッドは0.5pipsとなっており、他社と比べた場合にその差は圧倒的です。
そのため、取引を行う時には注意しておく必要があるでしょう。

 

銘柄 FBS XMTrading GEMFOREX
USD/JPY 8.0pips 1.6pips 1.6pips
EUR/USD 0.3pips 1.6pips 1.7pips
EUR/JPY
18.0pips 2.3pips 2.3pips
GBP/USD 0.6pips 1.0pips 2.2pips
AUD/USD 1.5pips 1.0pips 1.8pips

 

ユーロドルは安定して狭い

他社と比較してみても、FBSはユーロドルのスプレッドは狭くなっています。
これは普段から安定していると定評があります。そのため、ユーロドルを使った取引をメインに考えている場合には、メリットが大きいと言えるでしょう。

また、その他にも他社と比べて圧倒的にスプレッドが狭い銘柄もあるため、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

 

取引量に応じてボーナスがもらえる

FBSでは、ロイヤリティプログラムというボーナスが用意されています。
ロイヤリティプログラムとは、取引量に応じてポイントが付与される仕組みのことです。

ランクが4つ用意されており、自分の入金額によって上がっていきます。
ランクが上がれば上がるほど、取引によって得られるポイント数が多くなっていくようです。

貯めたポイントは、現金やiPhone、車などの豪華な景品と交換することができるので、お得だと言われています。
FBSはスプレッドが広いという声もありますが、このような形で還元があるため、カバーできると考えられるでしょう。

日本語サポートが不十分

FBSは2008年から運営を開始しているFX業者です。
しかし、日本でのサービスをスタートさせたのは、2016年と最近です。そのため、まだまだ日本語でのサービスに不十分さを感じる方もいるようです。とはいえ、基本的には日本語で対応してくれるので、理解をすることは可能です。

 

日本語対応のスタッフもいる

FBSのサポートは日本語が不十分という声もありますが、ライブチャットの対応スタッフには日本人を配置しているようです。
そのため、問題なく問い合わせることができます。

もしも分からないことがあれば、日本語でサポートに問い合わせてみるといいでしょう。

ボーナスの縛りが厳しい

FBSでは、さまざまなボーナスが用意されています。
しかし、ボーナスを出金するには多くの条件が設定されているため、なかなか出金することができないという声も多数あります。

特に厳しいと言われているのがレベルアップボーナスです。
レベルアップボーナスでは新規で口座開設を行ったら最大140ドルものボーナスを受け取ることができるのですが、縛りはかなり厳しくなっています。

レベルアップボーナスの受取条件
・FBSが用意しているテストに合格しなければ受け取れない
・口座開設から40日以内しか利用できない
・0.01ロットでしか取引ができない
・1度に持てるポジションの数は5つまで
・合計5ロット以上の取引を行わなければ出金することができない

このような条件が設定されているため、実際に使った方も大変だと感じているようです。

 

ボーナスの種類が多い

FBSで用意されているボーナスはレベルアップボーナスだけではありません。
他にもさまざまなボーナスがあり、条件がそこまで厳しくないものも用意されています。
そのため、トータルで見ると十分にお得な取引を行うことができると言えるでしょう。

FBSのボーナスの種類
・100%入金ボーナス
・キャッシュバック
・ロイヤリティプログラム
・レベルアップボーナス

中には利用しやすいものもあるため、積極的に活用していくことをおすすめします。

まとめ

FBSにはデメリットも多いと言われることもあります。しかし、それをカバーするだけの魅力もたくさんあるので、実際に利用しているユーザーからは評価が高いFX業者となっています。

やはり3,000倍という高いレバレッジや豪華なボーナスは大きな魅力。その上で豊富な口座タイプが用意されているため、自分の取引に合わせた環境を選ぶこともできます。

大きな利益を出すのには向いているFX業者となっているため、ぜひこの機会にFBSを使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事