バイナリーオプションの税金は?確定申告や国内外業者の違い

バイナリーオプションの取引が順調だと、利益に税金がかかるのか疑問に思う方も出てくるでしょう。バイナリーオプションでは、所得が一定額以上になると税務署へ確定申告をする必要があります。

この記事では、バイナリーオプションで確定申告が必要なケースと国内外で適用される税制の違いについて、税金計算のシミュレーションを用いながら解説します。ご自身の収入と照らし合わせながら、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションには税金が課せられる

バイナリーオプションで収入を得ている方は、利益が一定額を超えると確定申告を行って納税手続きをしなければいけません。会社員であれば、20万円を超える副業所得がある場合に申告が必要となります。

もし、確定申告を忘れたり「バレないだろう」と意図的に収入を隠したりすると、追徴課税や刑事罰になるなど厳しく罰せられます。無申告は納税義務違反にあたるため、きちんと手続きを行うべきです。

以下では、国内取引と海外取引に適用される税制の違いを解説していきます。

国内バイナリーオプションにかかる税金

日本国内のバイナリーオプション取引所を利用した際の利益については、給料や不動産からの収入など他の所得とは別に税金が課されます。この税制を「申告分離課税」と称し、税額を計算する過程が比較的簡潔である特徴があります。

国内バイナリーオプションの税率は20.315%

国内のバイナリーオプション取引に適用される税率は20.315%となっています。以下でその内訳を確認しておくことが大切です。この比率を用いて、税額を算出します。

所得税15%
住民税5%
復興特別所得税0.315%

具体例|国内バイナリーオプションの税金計算

ここからは、国内バイナリーオプションにおける税金の計算式をもとに、実際の税金額を出してみます。

まず、税金の計算式は以下のとおりです。

 

税金の計算式
  1. 課税所得 = 国内BAの儲け - 国内BAに利用した経費
  2. 税金額 = 課税所得 × 20.315%

仮に以下の条件を設定した場合、国内バイナリーオプションの収入にかかる税金額はどの程度になるのでしょうか。シミュレーションしてみましょう。

 

シミュレーション
  • 国内バイナリーオプションの儲け・・・50万円
  • 利用した経費・・・5万円

50万円(国内BAの儲け) - 5万円(国内BAの経費) = 45万円(課税所得)
45万円(課税所得) × 20.315% = 9万1,400円(税金)

このように、上記の条件の場合にかかる税金は「9万1,400円」となります。バイナリーオプションで得た収入や損失を税務署へ確定申告することで、上記金額が請求されます。

基本的に、この計算は国内のバイナリーオプションの収入に関する税金に焦点を当てています。しかし、自身の給与収入には別途税金が課されることを忘れないでください。

海外バイナリーオプションの税金

海外のバイナリーオプション取引所からの収益は、他の収入源と一緒に「総合課税」の対象とされます。これにより、会社員等は自分の給料や他の収入にバイナリーオプションからの収益を加え、これらの合計に基づいて税金が計算されることになります。

海外バイナリーオプションの税金は収入に応じて高くなる

前述した総合課税では、所得額に応じて税額が変動する「累進課税制度」が適用されます。自身の収入合計額が高ければ高いほど、税金も高額になる仕組みです。

ちなみに、総合課税の場合は所得控除の適用も可能になります。計算式はやや複雑になり、具体的な税率は以下でチェックしておきましょう。

所得税

所得税は以下の税率で計算します。

課税対象の所得金額税率基礎控除額
195万円以下5%0円
195万円超~330万円以下10%9万7,500円
330万円超~695万円以下20%42万7,500円
695万円超~900万円以下23%63万6,000円
900万円超~1,800万円以下33%153万6,000円
1,800万円超~4,000万円以下40%279万6,000円
4,000万円超45%479万6,000円

所得控除額は、基礎控除のほか扶養控除や医療費控除、生命保険控除、住宅ローン控除などの適用も可能です。

復興特別所得税と住民税

復興特別所得税と住民税は、次のとおりです。

復興特別所得税所得税額 × 2.1%
住民税10%(市区町村民税の6% + 都道府県民税の4%)

具体例|海外バイナリーオプションの税金計算

同様に、海外バイナリーオプションの収入に関する税金をシミュレーションしてみましょう。

海外バイナリーオプションの場合、収入を合算し、控除額を差し引く必要があり、そのため国内の場合よりも計算工程が増えます。計算式は以下の通りです。

課税所得 = (給与所得 + 海外BAの儲け) - 海外BAに利用した経費
税金額 = 課税所得 × (所得税率 + 復興特別所得税 + 住民税) - 控除額

海外バイナリーオプションの場合、総合課税が適用されるため、給与所得や所得控除も計算式に含めて税金を計算します。

シミュレーション
  • 海外バイナリーオプションの儲け・・・50万円
  • 利用した経費・・・5万円
  • 給与所得・・・400万円
  • 給与所得控除・・・42万7,500円
  • 所得税の復興特別所得税・・・20% × 2.1% = 0.42%

(400万円 + 50万円) - 5万円 = 445万円(課税所得)
445万円 × (20% + 0.42% + 10%) - 42万7,500円 = 92万6,190円(税金)

このようにやや難しくなりますが、収入全体にかかる税金を計算できます。

バイナリーオプションには確定申告が不要なケースもある

バイナリーオプションで利益を出している方のなかでも、会社員や専業主婦、学生においては確定申告が不要となるケースもあります。

会社員副業の年間所得が20万円以下
主婦、学生年間所得が48万円以下

上記のように、給与収入がある会社員の場合はバイナリーオプションで得た所得が20万円以下だと確定申告が不要です。仮に収入が25万円あっても、経費で8万円使用していれば所得は17万円になるため申告が不要といえます。

配偶者や親の扶養に入っている主婦・学生も同様に、年間の合計所得が48万円以下の場合は確定申告が不要です。

バイナリーオプションは税金対策で節税できる

バイナリーオプションで得た収入は、税金対策を行えば節税できます。以下は、バイナリーオプションで使える3つの節税方法です。

 

3つの節税方法
  • 経費を計上する
  • 繰越控除をする
  • 損益通算をする

国内バイナリーオプションでは、繰越控除や損益通算を含むすべての税制優遇措置を利用できます。一方で、海外バイナリーオプションではこれらの制度は適用されません。

税金対策を考える場合、インターネット通信費や勉強用の書籍費、パソコンの周辺機器の購入費など、バイナリーオプション取引にかかる費用を経費として計上し、課税額を減らすことができます。

バイナリーオプションは税金対策で節税できる

バイナリーオプションは利益があると確定申告をして納税する必要があります。また、国内外で税制が異なる点も注意が必要です。

しかし、利益がある全ての方の申告が必要とは限りません。経費計上を利用して所得が一定金額内に収まれば、申告は不要です。たとえ申告の必要があっても、納める税金を減額できます。

バイナリーオプションの税金制度をきちんと理解して、適切な取引を行いましょう。

おすすめの記事