バイナリーオプションで両建ては可能か?

「バイナリーオプションの両建てって儲かるの?」
「バイナリーオプションで両建ては可能なの?」

バイナリーオプションをやってみたいという方は、両建て可能かどうかというところがわからない人もいるでしょう。それによってストレスを溜めているということもあるかもしれません。FXの場合、多くの業者で両建ては禁止とされているため、あまり積極的にできる印象がないからです。

そこでFXと同様な金融投資であるバイナリーオプションでも両建ては出来ないのではないか?と思っている人も多いようです。

今回は、バイナリーオプションで両建ては可能なのかどうか?また、バイナリーオプションで両建ては危険じゃないか?という噂についても見ていきたいと思います。

両建てとはどんな取引手法?

両建て取引とは、一つの市場で同時に買いと売りのポジションを保持する戦略を指します。

バイナリーオプションでの両建ては、「HIGH」と「LOW」の両方のポジションを同時に取ることを意味します。価格の動きがあれば、どちらかのポジションが利益をもたらすため、特にテクニカル分析に長けていない初心者にとって取り組みやすい戦略です。

ただし、バイナリーオプションは本質的に短期取引であり、外国為替取引(FX)のような長期間にわたる取引とは異なり、両建ての効果に疑問符がつくこともあります。それでも、適切に両建て戦略を用いることで、リスクの軽減と同時に短期間での収益化が見込めます。

バイナリーオプションにおける両建て戦略

しかし、バイナリーオプションにおけるヘッジ戦略は、FXでのそれとはルールが異なる点に注意が必要です。

FXにおける両建ては、同一通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有することを言い、決済したのと同じ状況となるため、価格変動による損失拡大を防ぐことができますが、一方スプレッドやスワップポイントの負担が増えるといったデメリットもあります。

バイナリーオプションの両建ての戦略として、以下のような戦略がありますので紹介しておきましょう。

  • 現在の価格に最も近い上下の目標価格で両建てを行う
  • 現在の価格から最も遠い上下の目標価格で両建てを実施する

といった2つの戦略です。

現在の価格に最も近い上下の目標価格で両建てを行う

価格変動が少ないレンジ相場では、現在のレートに近い位置で上下オプションを購入するヘッジ戦略を採用します。この手法の魅力は、片方の取引が失敗してももう片方で勝つ可能性があり、両方が成功した場合には二重に利益を得られる点にあります。しかし、現レートに近いオプションを選択すると購入コストが高まり、成功しても得られる利益が比較的少ないため、この手法を積極的に適用するのは推奨されません。

現在の価格から最も遠い上下の目標価格で両建てを実施する

このアプローチでは、現行のレートから最も距離がある目標価格を選択して取引を行います。この方法だと、価格が低く抑えられるため、上下どちらの方向にも購入することで、予済みのリスクを効果的に分散し、損失に耐えられるようになります。

両建ては値動きが激しい通貨ペアまたは時間帯において効果がありますが、上下に最も離れたレートを指定することから、バイナリーオプション初心者には非常に難しく勝つのは難しいとされています。

中上級クラスのトレーダーでないと失敗しがちの取引ですが、相場が大きく動きそうだというタイミングにてこの戦略は有効です。

たとえば、要人の発言タイミング、経済指標の発表タイミングがこれに当たります。

海外バイナリーオプションで両建てできると明示している業者はわずか

実際には、海外のバイナリーオプション業者で両建て取引を許可しているところはほとんどなく、多くの場合、この手法は制限されています。

では、海外のバイナリーオプションプラットフォームでは両建てに対する方針はどのようになっているのでしょうか?

この記事では、さまざまな海外バイナリーオプション業者の両建てに関する規定を調査し、その結果をお伝えします。

ハイローオーストラリア

「ハイローオーストラリア」では、最近これまで可能だったと思われていた両建てが禁止行為として設定されたという噂がネット上にて湧き上がっています。禁止行為ということであれば、もし両建て利用が判明した場合、口座凍結される可能性もあるため危険と言わざるを得ません。

ただし公式サイトを見てみると、両建てについては認められていると記載されています。もしかしたら、両建て取引を行っていないにせよ、狙って連続したポジションにてエントリーする行為が両建てと思われてしまう可能性もありますので、できるだけ連続エントリーを避けるようにして取引するようにしておくと良いでしょう。

Zentrader

Zentraderでヘッジ取引が可能かについては、はっきりとした情報が不足しているため、確定的な回答が難しい状況です。これは、公式ウェブサイトにヘッジ取引に関する言及がないためです。FX市場でヘッジ取引を制限している業者が多いように、バイナリーオプション業界でもヘッジ取引を禁止している場合が一般的であることから、Zentraderでも同様の規制がある可能性が考えられます。

theoption

「theoption(ザオプション)」では、公式サイト内のFAQにおいて「同じ銘柄のトレンドトレーディング取引を両建てすることはできますか?」といった質問に対し「基本的に可能ですが、両建てする場合でも1ポジション購入後すぐにもう1ポジション購入した時間差で購入レートにずれが生じます。」と返しているのが見られますので、両建て取引はできそうです。

FIVESTARS MARKETS

FIVESTARS MARKETSにおけるヘッジ取引の可否は確定していません。公式ウェブサイトでヘッジ取引に関する明確な情報が見当たらないことが調査によって明らかになりましたが、実際にはヘッジ取引を行っても大きな問題がない可能性があります。しかし、一般に禁止されている場合、口座の凍結リスクがあるため、慎重な判断が推奨されます。

海外バイナリーオプションで両建ては危険という噂は?

「バイナリーオプション 両建て」というキーワードで検索すると、多くの記事が両建て取引を避けるよう勧めています。その理由を掘り下げると、ペイアウト率が2倍未満の場合、両建てによって収益を上げるのが困難であるという事実に行き着きます。

ペイアウト率が通常1.6倍から1.8倍であることを考えると、「HIGH」または「LOW」のどちらかに賭けて勝っても、全体としては損失が出てしまうことが多いため、両建ての利点がほとんどないとされています。また、両建て取引はアカウントの凍結リスクも伴いますが、バイナリーオプションにおいては両建て戦略を避けるのが賢明だと言えるでしょう。

おすすめの記事