バイナリーオプションは勝てない?

バイナリーオプションでの勝つことがが難しいと感じる方、攻略法を実践してもうまくいかないと悩んでいる方は思った以上に多いと聞きます。

バイナリーオプションは為替レートの上下予測だけのシンプルな取引ですが、実際には想像以上に難しく継続的に勝つためにはポイントとなる点に注意しながらトレードを行う必要があります。

この記事では、バイナリーオプションで勝てない原因と対策について解説しています。

なおトレードが負けやすいと言われる時間帯についても紹介していますので、バイナリーオプションでの負けを減らし、勝利につなげたい方はぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションは負けやすい時間帯・曜日に注意

バイナリーオプション取引において、負けやすいとされる時間帯や曜日は実際のところあります。

ただし、これらはあくまで一つの仮説にすぎず、すべてのトレーダーに当てはまるわけではありません。

以下は、バイナリーオプションの取引が負けやすいと考えられる時間帯・曜日です。

 

  • 経済指標の発表前後の時間帯
  • 取引所の開閉間際の時間帯
  •  週明け(月曜日)

 

バイナリーオプションにおいては、値動きが安定している時間帯・曜日を狙うことで勝率を上げることができます。特に以下の三大為替市場が活発に動く時間帯に取引を行うことが重要です。

市場開場時間
東京時間8:00~16:00
ロンドン時間16:00~翌2:00
ニューヨーク時間21:00~翌6:00

開閉直前や直後の時間帯は、値動きが不安定であるため、取引は避けるべきです。

特にバイナリーオプション初心者の方は、相場の特徴をより深く理解するために、毎回同じ時間帯に取引を行うことをおすすめします。

バイナリーオプションはなぜ勝てない?原因と対処法

取引を避ける時間帯や曜日を押さえてもなお勝てない場合、そもそもの取引方法から見直す必要があるかもしれません。
ここからは、バイナリーオプションに勝てない原因と対策法を6つ紹介します。

自身の取引方法と照らし合わせながらチェックしてみましょう。

1.根拠のない勘に頼った取引をしている

根拠のない勘に頼った取引は、実質的にギャンブルと変わりありません。

たとえ一時的に勝利を収めたとしても、持続的な成功は望めないでしょう。トレードを継続するためには、根拠のある取引が必要なのです。

また、30秒や1分といった短期取引を繰り返すと、次第に相場分析を怠り感覚で取引を行う傾向が生じます。このような状態では、「適当にエントリーしても勝てるかもしれない」という錯覚に陥ることがあるので取引が危険です。

そうならないためには、RSI(Relative Strength Index)や移動平均線を利用するなど、シンプルなインジケーターを活用するだけでも相場を予測するのに十分です。

バイナリーオプションでは、根拠のないエントリーだと負けると認識し、少し手間をかけて分析した上で取引を行うことが重要です。

2.通貨ペアを気分で変える取引をしている

バイナリーオプションは、その日の気分で様々な通貨ペアに取引する方法だと勝つことはできません。なぜなら、各通貨ペアのチャートの値動きは異なり、取引する時間帯によってもおすすめの通貨ペアが異なるからです。

また、あらゆる通貨ペアで取引をする場合、多くの知識や情報分析が求められます。

バイナリーオプションが初めての場合は、通貨ペアを絞り込んでその値動きの特徴を把握することに集中しましょう。そうすることで、自然と勝率を向上させることができます。

3.取引ツールに頼った取引をしている

バイナリーオプションの取引に役立つと謳われる「シグナルツール」がインターネット上で販売されています。これは自動分析によって算出されたエントリーポイントを合図として提供するツールですが、このようなツールを使用することで、合図通りにエントリーすることが勝率を高める可能性があるとされています。

しかし、ほとんどのシグナルツールは詐欺とも言われており、合図通りにエントリーしても必ずしも勝てるわけではありません。また、ツールに頼っていると自身の取引スキルは向上せず、なぜ勝てないのかという分析すらできないでしょう。

結果的に、シグナルツールに頼ることで得られるスキルは限定的で自身の勝率を向上させられるわけではありません。そのため、ツールに完全に依存することは避けましょう。

4.引き際を決めず取引をしている

バイナリーオプションは取引が簡単です。

そのために「あと1回だけ」という欲求が生じ、トレード回数が増えてしまうことがあります。また、勝っている場合は「また勝てるかもしれない」という思考に陥り、負けている場合は「次は勝てるかもしれない」という心理状態になることもよくあります。

ここで大切なのは「引き際」を決めることです。

一例としては、以下のようなケースがあります。

  • 1日10,000円の損失が出た時点で止める
  • 勝ち負け関係なく、1日の取引は10回まで
  • 利益が出たら止める

バイナリーオプションは、取引回数を増やせば勝てるものではありません。

重要なのは「いかに損失を少なくするか」を考え、引き際の上限に達したらいかなる状況でもやめるようにしましょう。

5.取引の振り返り・改善をしていない

バイナリーオプションでの成功を目指すには、自己の取引の振り返りと反省が不可欠です。

一方で、勝てないトレーダーの多くは、自身のトレードを分析しない傾向にあります。

継続してバイナリーオプションで成果を上げるためには、トレードごとに「PDCAサイクル」を適用し、その実践を欠かさないことが肝心です。

この「PDCAサイクル」でやるべきことは

  1. 計画 (Plan): 相場分析を行い、エントリーポイントを計画する
  2. 実行 (Do): 計画通りにトレードを実行する
  3. 評価 (Check): 分析と計画通りにトレードが進んだかを評価する
  4. 改善 (Action): 成功や失敗について振り返り、良かった点と改善点を見つける

などがあります。

取引が失敗に終わっても、適切な反省をしていれば将来の成功に必ずつながります。

自身の客観的な分析ができるように取引した時間帯、通貨ペア、エントリーの根拠、損益結果などを記録することはとても重要です。

6.メンタル管理不足で冷静に取引できていない

バイナリーオプションで成功するためには、知識や経験を積むだけでなく、メンタルの管理も非常に重要です。特に「焦り」と「欲」は避けるべき心理状態です。

バイナリーオプションで勝てない人が陥りがちな心理状態を以下に挙げます。

  • 調子が良いのでトレード回数を増やす
  • 連勝中であるため掛け金を増やす
  • 勝ち続けていたが一度の損失にショックを受ける
  • 掛け金を増やして損失を取り返そうとする
  • 資金が減っているため負けられないと焦る
  • 最後の一勝負で全てを取り返そうとする

これらの心理状態では冷静さを欠き、判断力が鈍ってしまうため、勝率が下がる可能性が高くなります。

投資の際に決定しておくべきこととしては、「焦りや欲を感じたら取引を止める」です。

常に冷静な判断ができるよう、メンタル管理は徹底するようにしましょう。

まとめ

バイナリーオプションで勝てない人は、いくつかの原因があります。たとえば、ギャンブル感覚でトレードを行っている、過度なツール依存、計画性の欠如、不十分な学習、メンタルの不調などです。もし1つでも当てはまる場合は、自身の課題に向き合い、改善する努力をすることが重要です。

また、取引で勝てないと感じる場合は、自身の資金を守るために本番のトレードを控える、その代わりデモ口座でのトレードに切り替えて勝率を回復させることに集中しましょう。そこで勝率が付いてきたら、本番環境にてトレードを行いましょう。

バイナリーオプションで勝つためには、損失を最小限に抑えるための努力が最も重要なのです。

おすすめの記事