Zentrader(ゼントレーダー)バイナリーオプションで両建ては実行できるのか?

海外のバイナリーオプション取引で成功するには、戦略がキーとなります。運に頼った取引では、本来勝てたはずの取引も失敗に終わることがあります。投資界には、「ヘッジ戦略」という方法が存在します。これは株や外国為替取引(FX)で頻繁に用いられる戦略ですが、バイナリーオプションでもこのヘッジ戦略を利用することは可能なのでしょうか?

今回は、Zentrader(ゼントレーダー)で両建ては可能なのかについて見ていきたいと思います。

Zentrader(ゼントレーダー)で両建てができるかどうかは不明

Zentraderでのヘッジ取引が可能かについては、明確な答えを出すことは難しいです。公式ウェブサイト上にヘッジ取引に関する情報が見つからないためです。FX業界でヘッジ取引が禁止されている例が多いように、バイナリーオプション業界でもヘッジ取引を禁じている場合があります。しかし、「バイナリーオプションヘッジ戦略」といった情報を提供するウェブサイトが存在するのは、ヘッジ取引を実践している人々が情報を共有しているからかもしれません。最も確実な情報を得る方法は、直接サポートに問い合わせることでしょう。

両建てとはどういう取引なのか?

両建てとは、2つのポジションを同時に持つ、株式やFXトレードではよく耳にする投資手法の一つです。
FX市場でのヘッジ取引は、同じ通貨ペアに対して売りと買いのポジションを同時に開くことを意味します。一方、バイナリーオプションにおけるヘッジ取引は、「High」と「Low」の両方に賭ける行為を指します。この戦略の目的は、片方のポジションで生じた損失をもう片方のポジションの利益で補うことにあります。その結果、市場の動きにかかわらず、損益をゼロに近づけることができるのが大きな利点です。

バイナリーオプションにおける両建てとは?

バイナリーオプションはFXの両建てとルールが違います。FXの両建てとの違いはどこにあるのでしょう。
バイナリーオプションの両建ては何を行うかというと、

  • 現在の価格に最も近い上下の目標価格で両建てを行う
  • 現在の価格から最も遠い上下の目標価格で両建てを実施する

といった2つの方法を取る戦略。これがバイナリーオプションにおける両建て手法です。

現在の価格に最も近い上下の目標価格で両建てを行う

最も現レートから遠い目標レートを選択することで、安価に両建て取引を行い、予想に反する動きがあった場合でもリスクを分散できる利点があります。この手法は、価格変動が大きい通貨ペアや特定の時間帯で特に有効です。ただし、極端に離れたレートを設定することで勝利の難易度は高まります。大きな市場動向が予想される瞬間、例えば経済指標の公表や重要人物のスピーチ後など、この戦略を適用するのが適切です。

現在の価格から最も遠い上下の目標価格で両建てを実施する

レンジ相場の際、少ない価格変動を利用して現レートに最も近い上下オプションを購入する戦略があります。この方法では、一方のオプションが損失を出しても、もう一方が利益をもたらす可能性が高く、両方が成功すると二重のペイアウトが得られる利点があります。しかし、この戦略の欠点は、購入価格が高くなりがちで、成功しても得られる利益が限定的であるため、積極的に選択すべき戦略ではない点に留意が必要です。

バイナリーオプションでは両建てをどのように扱っている?

多くの海外バイナリーオプションプラットフォームは、両建て取引に関してどのような立場を取っているのでしょうか?海外のFX市場では、一つのアカウント内での両建ては許容されることが多いですが、異なるアカウントや他のブローカーとの間での両建ては禁止されている場合があります。この規定が海外バイナリーオプションでどのように適用されているかについて、具体的な情報を収集し、ここで共有します。

ハイローオーストラリア

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)では、2022年から以前許可されていたヘッジ取引が禁止され、この規則違反が発覚した場合、口座が凍結されるリスクが高いとされています。公式ウェブサイトでは、同一口座内でのヘッジ取引が許可されているとの記述があるものの、実際の取り扱いは不明です。ヘッジ取引に類似した、意図的に連続して反対のポジションを取るような行為も避け、取引間に時間を置くことが推奨されます。

FIVESTARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)

FIVESTARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)では、公式サイト内を調べてみましたが、両建てについての記載はどこにもありませんでした。記載していないから禁止とは言えないため、グレーな状態です。

theoption(ザオプション)

theoption(ザオプション)ではFAQにて記載があります。「同じ銘柄のトレンドトレーディング取引を両建てすることはできますか?」といった質問に対し、「基本的に可能ですが、両建てする場合でも1ポジション購入後すぐにもう1ポジション購入した時間差で購入レートにずれが生じます。」と記載されていることから、両建ては行えそうです。

Zentrader(ゼントレーダー)はどんな業者?

最後にZentrader(ゼントレーダー)というバイナリーオプションについて見ておきましょう。

Zentrader(ゼントレーダー)は、2018年に日本でのサービスを開始した海外バイナリーオプション業者。設立以降、日本人トレーダーに対する利便性を強化しながら、サービスを拡大し続けてきました。

Zentrader(ゼントレーダー)のメリットには、以下のものがあります。

 

メリット
  • 縛りの少ない良心的なルールとキャッシュバックがお得
  • 最低入金額は5,000円とお手頃で入出金方法も多彩
  • カスタマーサポートの対応は親切丁寧
  • ペイアウトは最大2.00倍と高め
  • 銘柄数は32銘柄と豊富

一方で、デメリットは以下のとおりです。

 

デメリット
  • トレードツール・スマホアプリが機能不足
  • アットザマネーは購入額が回収される

Zentrader(ゼントレーダー)の取引形態

Zentrader(ゼントレーダー)には取引の形態が2種類あります。

クラシック

ゼントレーダークラシックでは、FXをはじめとして商品先物貴金属、貴金属、有価証券、株価指数の変動によって利益を得ることができます。ゼントレーダークラシックでは、開始時間と終了時間が設定されており、商品によって160~190%のペイアウトを望むことができます。

取引銘柄外国為替、コモディティ、個別株、株価指数
ペイアウト率最大1.9倍
取引時間15分、30分、1時間、2時間、4時間

オンデマンド

ゼントレーダーオンデマンドとは、トレーダーは30秒~5分間といった短期取引です。ゼントレーダークラシックとは異なり、取引実行後にタイマーがすぐにカウントをスタートさせます。オンデマンドは、商品によって180%~195%のペイアウトが望めます。短期に複数取引を実行するトレーダーにはオンデマンド取引が適しています。

取引銘柄外国為替
ペイアウト率最大1.95倍
取引時間30秒、1分、3分、5分
おすすめの記事