easy marketsの魅力的な口座タイプ|アップデートするべき理由

近年、海外FX業者を利用する方が増えてきていますが、その中でも独自のサービスを提供しているeasy marketsの人気が高まってきています。
easy marketsは他のFX業者では利用していないサービスが豊富にありますし、海外FX業者らしいサービスも兼ね備えているので、ここでしかできない取引が可能だと言われています。

そんなeasy marketsにも複数の口座タイプがあり、それぞれ特徴が異なると考えられています。
そこで今回は、easy marketsの口座タイプについて詳しく見ていきましょう。

easy marketsの口座タイプまとめ

easy marketsは3つの口座タイプが用意されています。
しかし、easy marketsは1アカウントにつき1口座しか開設することはできません。
そのため、最初は全員がスタンダード口座での開設となり、その後条件を満たすことによって「プレミアム口座」や「VIP口座」にアップグレードすることができる仕様となっています。

それぞれの口座タイプには異なる特徴があるので、まずはしっかりとその違いを理解し、アップグレードするかどうか検討する必要があるでしょう。
ではまずは、easy marketsの口座タイプの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

口座タイプ スタンダード プレミアム VIP
プラット
フォーム
Web MT4 Web MT4 Web MT4
注文方法 NDD方式
取引手数料 なし
初回最低入金額 $100 $2,000 $10,000
最小取引単位 0.05Lot 0.01Lot 0.5Lot 0.01Lot 1Lot 0.01Lot
最大レバレッジ 200倍 400倍 200倍 400倍 200倍 400倍
最大ロット数 10Lot 50Lot 10Lot 50Lot 10Lot 50Lot
合計最大注文数 制限なし
ロスカット 30%
スプレッド 広い やや狭い 狭い
VPSサービス なし
複数口座 不可

 

easy marketsの口座タイプ別特徴

ではここからは、easy marketsの口座タイプ別の特徴についてご紹介していきます。
それぞれ異なる特徴がありますし、アップグレードする条件も違いますので、しっかりとチェックして自分はどの口座を使いたいか考えておくようにしましょう。

 

スタンダード口座

easy marketsのスタンダード口座とは、誰もが最初に開設することができる口座となっています。
そのため、比較的使いやすい仕様になっている点が大きな特徴となっています。

ではまずはスタンダード口座について見ていきましょう。

少額から利用することができる

easy marketsのスタンダード口座の1番のメリットは、「少額から利用することができる」という点です。
スタンダード口座の最小入金額は100ドル(約1万円相当)となっているので、誰でも気軽に試すことが可能となっています。

最初にeasy marketsを使う際には、「本当に自分に合うFX業者だろうか」と不安を感じる人もいるでしょう。
しかし、easy marketsのスタンダード口座であれば手軽に試すことができるので、安心して利用できるという意見も多くあります。

その上、easy marketsは独自のサービスが豊富に用意されています。
特徴的なのは、「easyTrade」というプラットフォームを使ったオプション取引や、一定の手数料を払うことで保有しているポジションをキャンセルすることができる「dealcellation」などです。

このような機能を使うことを目的にして、easy marketsを選ぶ方は多いでしょう。
まずはこのような独自のシステムを手軽に使って試してみたいと感じている方は、スタンダード口座がおすすめです。

 

スプレッドが広い

easy marketsには3つの口座タイプが用意されていますが、その中で比較するとスタンダード口座は最もスプレッドが広い設定となっています。
そのため、取引をする時に利益が出しづらいと感じる方もいるようです。

ただ、easy marketsは固定スプレッドとなっているので、相場が大きく変動してスプレッドが広がっている時には、変動型スプレッドを採用しているFX業者と比べると、easy marketsの方がお得になるケースもあるでしょう。

また、easy marketsは口座をアップグレードすることができ、プレミアム口座やVIP口座はよりスプレッドが狭くなっています。
異なる口座タイプを使うことによって、スプレッドのデメリットを軽減することもできるので、アップグレードするべきかしっかりと検討するようにしましょう。

 

プレミアム口座

プレミアム口座とは、スタンダード口座に比べるとスプレッドが狭くなっているFX業者です。
全体的にバランスがよい口座となっているため、easy marketsを利用している方の中ではプレミアム口座を選択する方も多くいます。

 

スプレッドが狭くなる

easy marketsのプレミアム口座の1番のメリットは、スプレッドが狭くなることです。

スタンダード口座に比べるとかなり大きく変わりますし、固定スプレッドとなっているので一定の手数料を支払うだけで取引をすることができます。</strong>
そのため、安心して取引ができる環境になっているといえるでしょう。

特に短期での取引を考えている方にとっては、スプレッドの狭さは重要な問題となりますので、しっかりとチェックしてからアップグレードを検討することをおすすめします。

初回入金額が2000ドル

easy marketsをアップグレードするためには、2000ドル(約20万円相当)の資金を入金する必要があります。
2000ドルの入金をして、easy marketsのカスタマーセンターに連絡を行えば、アップグレードしてプレミアム口座の環境を利用することができるようになります。

2000ドルというとかなり大きな金額にはなるので、自分の資産と検討をしてどうするのか考える必要があるでしょう。

最小取引単位が0.5Lotになる

easy marketsのスタンダード口座の場合、Webプラットフォームを使うと最小取引単位が0.05Lotとなっていますが、easy marketsのプレミアム口座の場合は0.5Lotとなっています。
そのため、あまり小さな金額で取引ができなくなってしまいます。

しかし、MT4を利用すればスタンダード口座と変わらない0.01Lotで利用することができます。
ただ、easy marketsの独自のサービスはすべてWebプラットフォーム上で行うことができるものとなっているので、取引の条件とサービスをしっかりと比較して、どちらの方が自分の取引にとって重要かどうかを検討するようにしましょう。

 

VIP口座

easy marketsのVIP口座とは、easy marketsの中で最も取引環境が整った口座タイプとなっています。
そのため、アップグレードの条件はかなり厳しくなっていますが、最も優れた環境で取引をすることができると言われています。

 

スプレッドが最も狭い

VIP口座の1番のメリットは、スプレッド幅が圧倒的に狭いという点です。
その上、easy marketsではどの口座タイプも手数料が無料となっていますし、固定スプレッドとなっているので、価格が変動してスプレッドが広がってしまう心配がありません。

このような環境が整っていることから、easy marketsのVIP口座は最も利益が出しやすい環境だと言われています。
より大きな利益を狙いたい方の場合、VIP口座を選ぶといいでしょう

また、フリーズレートを使った超短期型のスキャルピング取引を行う際にも、同じ条件で取引をすることができるため、スキャルピングをしたい方には最適な口座だと言えます。

初回入金額が10,000ドル

easy marketsでVIP口座にアップグレードするためには、初回入金額が10.000ドル(約100万円)以上必要となります。
そのため、ハードルが高いと感じる方も多くいるようです。

しかし、この金額を入金することができれば、最高の環境で取引をすることが可能となります。
いきなり初回から10000ドルを入金するのはハードルが高いと思いますので、まずはスタンダード口座やプレミアム口座でeasy marketsの取引環境に慣れてから、アップグレードするか検討してみるといいでしょう。

 

電話での取引が可能となる

easy marketsのVIP口座を持っていると、カスタマーサポートもかなり充実していきます。
その1つが、電話での取引です。

インターネットにアクセスができない時であっても電話で手軽に取引をすることができるので、安心して行うことができるでしょう。
忙しくてなかなかゆっくりとチャートを見ることができない方におすすめの方法だといえます。

パーソナルアナリストのサポート

easy marketsのVIP口座を持っていると、パーソナルアナリストがつきます。
このパーソナルアナリストは市場を分析するプロなので、さまざまな情報を知っていますし、その知識や経験をもとにユーザーの取引をサポートしてくれます。
そのため、自分だけで取引をするよりも利益が出しやすくなるでしょう。

特にeasy marketsは、他のFX業者に比べてかなり充実した市場の分析情報を送ってきてくれるということで知られているため、人気が高いFX業者となっています。
こ例外の理由を考えても、easy marketsのVIP口座になる理由は大きいでしょう。

easy marketsの口座タイプの注意点

では、easy marketsの口座タイプを選ぶ際には、どのような点に注意したらいいのでしょうか?

 

スプレッドの違い

easy marketsの3つの口座タイプでは、それぞれスプレッドが異なります。
そのため、まずはスプレッド幅がどうなのかという点を理解しておく必要があります。

自分の取引スタイルや資産状況によって必要な環境は異なるので、しっかりと見ておきましょう。

 

取引ツール スプレッド【ドル/円】 スプレッド【ユーロ/ドル】
スタンダード口座 Web 2.4pips 2.0pips
MT4 2.0pips 1.9pips
プレミアム口座 Web 2.2pips 1.5pips
MT4 1.8pips 1.4pips
VIP口座 Web 1.5pips 1.2pips
MT4 1.0pips 0.9pips

 

WebプラットフォームとMT4の違い

easy marketsでは、WebプラットフォームとMT4でも違いがあります。
そのため、どちらを使って取引を行うかによって、利用する口座タイプを迷うケースもあるようなので、それぞれのプラットフォームでの違いを理解して検討する必要があるでしょう。

このように条件だけを見ると、MT4の方が取引しやすいと感じる方も多くいるようです。

Web MT4
最小取引単位 0.05~1Lot 0.01Lot
最大レバレッジ 200倍 400倍
最大ロット数 10Lot 50Lot

しかし、easy marketsの場合はWebプラットフォームで独自のサービスを多く提供しています。
この仕組みを使うことによって、より多くの利益を獲得できる可能性もありますので、どちらも使ってみるといいでしょう。

 

easy marketsの各口座タイプに向いている方

ではここからは、それぞれの口座タイプに向いている方についてご紹介していきます。

スタンダード口座:気軽に試したい方

easy marketsのスタンダード口座がおすすめな方は、少額で手軽にeasy marketsの取引環境を試してみたい方です。
特にeasy marketsは他のFX業者に比べて独自のサービスが多いため、最初から大きな金額を入金することに不安を感じる方もいるでしょう。

しかし、スタンダード口座の場合は1万円から試すことができるので、まずはeasy marketsを使ってみたいという方におすすめです。

 

プレミアム口座:バランスのよい口座を探している方

easy marketsのプレミアム口座は、スタンダード口座に比べてスプレッドが狭くなっているため、より手数料が安い環境で取引をしたいと考えている方におすすめの口座となっています。

VIP口座の方が手数料は安くなっていますが、VIP口座は100万円程度の資金を入金しなければ取引を行うことができません。
それに対して、プレミアム口座は30万円でスタートすることができるので、よりバランスのよい口座だということができます。

VIP口座:最高の環境で取引をしたい方

VIP口座とは、easy marketsの中で最も取引環境が整っている口座となっています。
スプレッド幅もかなり狭くなっていますし、取引手数料もかからないので、よりお得に取引をすることができるでしょう。

その上、優秀なアナリストがサポートをしてくれたり、電話での取引が可能となっているため、より便利になっているといえます。
ただ、100万円という資金を入金しなければいけないので、アップグレードする時にはしっかりと検討しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?easy marketsには3つの口座タイプが用意されていますが、easy marketsでは1つの口座しか開設することができません。
それぞれ取引できる環境は異なりますが、利用するためにはアップグレードする必要があります。
条件も設定されているので、どの口座が最も自分の取引に最適なのかしっかりと検討するようにしましょう。

おすすめの記事