easy marketsの入出金方法は?使いやすい方法をご紹介します!

easy marketsは2001年に創業してから、世界各国の方に向けてサービスを提供しているFX業者です。
日本でのサービス開始は2018年頃と少し遅めですが、これまでの経験を活かしてよりすばやく日本向けのサービスも固めていることから、人気が高まっています。

ただ、easy marketsを実際に利用することを考えた場合、安心して入出金できるかどうかを懸念する方も多いでしょう。
そこで今回は、easy marketsの入出金方法について詳しく見ていきましょう。

easy marketsの入出金方法まとめ

ではここからは、easy marketsの入出金方法についてご紹介していきます。
easy marketsでは世界各国にサービス提供を行っていることから、さまざまな方法が用意されていますが、国によって使えるものは限られています。

そこでここからは、日本人が利用することができるeasy marketsの入出金方法について比較して見ていきましょう。

スタンダード口座の入出金方法

easy marketsには、スタンダード口座と仮想通貨を使って取引を行うことができる口座の2種類があります。
そこでまずはスタンダード口座の入出金方法についてご紹介していきます。

入出金方法 入金 出金
手数料 反映時間 手数料 反映時間
銀行送金 無料 2〜3営業日 無料 2〜3営業日
AstroPay 無料 即時 無料 2~3カ月
AMERICAN EXPRESS 無料 即時 無料 2~3カ月
Bitwallet 無料 1営業日 無料 1営業日
STICPAY 無料 1営業日 無料 1営業日
WEBMoney 無料 1営業日 無料 1営業日
PerfectMoney 無料 1営業日 無料 1営業日

 

仮想通貨口座の入出金方法

easy marketsには、仮想通貨用の口座として「μBTC口座」が用意されています。
この口座では、6つの仮想通貨を入金し、そのまま仮想通貨の取引を行うことができます。

そこでここからは、仮想通貨の入出金方法についてまとめてみていきましょう。

入出金方法 入金 出金
手数料 反映時間 手数料 反映時間
ビットコイン 無料 最大24時間 無料 最大24時間
イーサリアム 無料 最大24時間 無料 最大24時間
ビットコインキャッシュ 無料 最大24時間 無料 最大24時間
ライトコイン 無料 最大24時間 無料 最大24時間
テザー(ERC20) 無料 最大24時間 無料 最大24時間
テザー(TRC20) 無料 最大24時間 無料 最大24時間

 

easy marketsの入出金方法1:銀行送金

easy marketsは、元々国内送金がなく、使いづらいという声がありましたが、2018年8月から国内銀行送金にも対応しています。
そこでここからは、easy marketsに国内銀行送金で入金するメリットについて見ていきましょう。

手軽に入金が可能

国内銀行送金の1番のメリットは、他の方法よりも手軽に入金ができるということです。
普段の入金のように証拠金を入れることができるため、より手軽に行うことができると人気が高まっている方法です。

より手軽な方法を選択したい方の場合は、国内銀行送金を選ぶといいでしょう。

お金を使い込む心配がない

FXの取引を行う上で注意しなければいけない点は、資金管理です。
FXは投資なので、余剰資金以上の金額を使ってしまうと、より損失を出しやすい状態になってしまったり、借金を抱えてしまうリスクが高まってしまいます。

ただ、国内銀行送金を選べば自分が手元にあるお金しか使うことができないので、安心して投資できるでしょう。
資金管理が苦手で、クレジットカード等で入金すると資金を使い込んでしまう可能性があると思う場合には、銀行送金を選ぶことをおすすめします。

出金が行いやすい

FX業者から出金をする場合、マネーロンダリングの観点から出金金額に条件があるケースもあります。
しかし、銀行口座から直接振り込んだ場合は、出金の手間がかかるリスクはありません。
そのため、便利だと言われています。

自分が入金した証拠金と利益をまとめて手軽に出金したいと考えている方の場合、銀行送金で入金した方がよいでしょう。

銀行によっては使えないものもある

これはeasy marketsに限った話ではありませんが、海外FX業者に国内銀行送金ができる銀行は限られています。
そのため、自分が普段使っている銀行口座が使えないという可能性もあります。

銀行送金を検討している方の場合は、一度銀行に確認をしてから行うようにしましょう。

 

easy marketsの入出金方法2:クレジットカード

easy marketsはクレジットカードでの入金も可能です。
入出金を行うことができる方法は、「AstroPay」と「American Express」の2種類となっています。

入金の処理時間が早い

クレジットカードの1番のメリットは、入金処理にかかる時間が早いことです。
easy marketsのその他の入金方法の場合、1営業日程度は時間がかかってしまうこともあります。

しかし、クレジットカードの場合はすぐに入金することができるので、今すぐ資金が必要という時に便利に使うことができるでしょう。

 

手元に資金がなくても入金できる

FXの取引を行っている中で、今すぐ入金すれば損失を防ぐことができるけれども、手元に資金がないというケースも多くあるでしょう。
そのような時でも、クレジットカードであればすぐに入金処理をすることができるため、人気がある方法です。

easy marketsにクレジットカード入金をしたいと考えている方は、使えるカードを持っておくようにしましょう。

 

使える銘柄が少ない

easy marketsで入出金に使うことができるクレジットカードは、「AstroPay」と「American Express」の2種類のみとなっています。
正確にいうと、その他の銘柄でも使えるものはあるのですが、現時点では日本人の利用は不可となっています。

AstroPayもAmerican Expressも利用している方はそこまで多くないので、不便に感じる方は多くいるようです。
ただ、他の銘柄も他国では使えるようになっているため、今後日本でも利用することができる可能性は高いでしょう。

 

出金に時間がかかる

クレジットカードでの入金した場合には、マネーロンダリングの関係上、入金金額分はクレジットカードで出金する必要があります。
この制度も面倒なので、クレジットカードを避ける方も多くいます。

その上、クレジットカードでの出金の場合はショッピングのキャンセルという形で処理が行われるので、クレジットカード会社の処理に時間がかかってしまい、最大2~3カ月かかってしまうこともあります。
自分が得た利益をすぐに得ることができないという点は、クレジットカードでの入出金の大きなデメリットと言えるでしょう。

easy marketsの入出金方法3:オンラインウォレット

easy marketsのオンラインウォレットでの入出金方法は、「Bitwallet」「STICPAY」「WebMoney」「PerfectMoney」の4つがあります。
ここからは、オンラインウォレットでの入出金を行うメリット・デメリットを具体的に見ていきましょう。

手数料が安くなることも多い

海外のFX業者を使う場合、入出金の際に多額の手数料がかかるケースも多くあります。
実際にeasy marketsの場合でも、業者側でとる手数料は無料となっていますが、それ以外で手数料がかかることは多々あります。

例えば、銀行送金で入金を行った場合、入金の際はほとんど手数料がかかりませんが、出金の際には海外送金となるので、3000~5000円程度の手数料を銀行に支払わなければいけません。
これほど高い手数料を支払わなければいけないと、利益がかなり目減りすると感じるでしょう。

しかし、Bitwalletの場合は1000円以下の一定の金額しか払わなくていいので、よりお得に取引を行うことができます。
この点が、オンラインウォレットを利用する1番のメリットと言えるでしょう。

 

入出金処理が早い

easy marketsでオンラインウォレットを使った場合、だいたい1営業日程度で入出金を完了することができます。
そのため、よりすばやく入出金を行うことができると言われています。

その上、Bitwalletの場合はBitwalletから銀行口座に出金する際にもかなり早く対応してもらえるので、より便利に使うことができるでしょう。
便利な方法を選択したいという場合には、オンラインウォレットの中でもBitwalletの利用をおすすめします。

 

クレジットカードでもすぐに出金することができる

オンラインウォレットを利用する場合、まずはウォレットの中に資金を入金しなければいけません。
その際には、銀行振込やクレジットカード入金など、さまざまな方法を使うことができます。

easy marketsに直接クレジットカードで入金した場合にはかなり時間がかかってしまうケースが多いですが、Bitwalletの場合はその時間が短くなるケースもあります。
そのため、クレジットカードで入金したい場合には、Bitwalletなどのオンラインウォレットを経由するようにしましょう。

 

利用するサービスによって手数料が異なる

easy marketsでは、「Bitwallet」「STICPAY」「WebMoney」「PerfectMoney」という4つのオンラインウォレットを利用することができます。
そのサービスによって手数料や出金速度などは大きく異なります。

そのため、事前にそのサービスの特徴を確認して、自分にピッタリなものを選ぶようにしましょう。
最も手数料が安く、使いやすいものを探している方には、「Bitwallet」がおすすめです。

 

easy marketsの入出金方法4:仮想通貨

easy marketsでは、μBTC口座という仮想通貨専用の口座が用意されています。
この口座は、口座開設を行う際の「アカウントの通貨」という項目でビットコインを選択することで利用することが可能となっています。

easy marketsは独自のサービスが多数用意されており、そのすべてを仮想通貨取引でも利用することができるので、より効率のよい取引ができるとμBTC口座も人気が高まっています。
μBTC口座は仮想通貨での入金も可能となっているため、ここからは仮想通貨での入出金のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

仮想通貨の種類が豊富

easy marketsのμBTC口座には、仮想通貨での入金が可能です。
その上、「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」「テザー(ERC20)」「テザー(TRC20)」という豊富な種類が用意されている点が魅力的だと言われています。

ビットコインやイーサリアムといった人気の高いコインはもちろん、現在注目が集まっている仮想通貨も扱っているので、より自由に入出金することができるでしょう。
また、easy marketsは仮想通貨の取引にも力を入れているため、今後はより多くの仮想通貨が利用できるようになると考えられています。
今後に期待が高まる海外FX業者です。

 

法定通貨に交換する必要がない

easy marketsのμBTC口座で仮想通貨の取引を行う際に仮想通貨で入金ができると、法定通貨に換金する必要がないので、その点に魅力を感じている方は多いようです。

仮想通貨はボラティリティが高く、換金する時によって大きくその価値が異なります。
そのため、法定通貨に換金することなく取引が行える方が、より効率よく資産を増やすことができるでしょう。

 

ビットコインと法定通貨の両替ができない

easy marketsのμBTC口座に仮想通貨で入金をする場合、出金の際も仮想通貨で行わなければいけません。
そのため、両替を行うことはできないという点はデメリットと言えるでしょう。

換金を行いたいという場合は、一度仮想通貨で出金を行い、その後仮想通貨取引所等で換金の手続きを行う必要があります。

 

入出金に時間がかかることがある

easy marketsのμBTC口座に仮想通貨で入金をする場合、最大24時間かかると言われています。
これだけ時間がかかってしまう理由の1つとして、ブロックチェーンの承認手続きが必要だからと言われています。

また、出金をする際にも同じ手続きが必要なので、最大24時間程度かかってしまうことが多いです。
すぐに入出金が反映されないという点が気になる方もいるでしょう。

ただ、今後仮想通貨の処理がより早くなれば、仮想通貨での入金が一気に早くなる可能性もあります。
より早く反映させたいという場合には、処理速度が速い仮想通貨を購入し、取引に利用するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?easy marketsはさまざまなサービスが豊富に用意されていることで人気があるFX業者です。
運営歴も長く、誰もが便利に入出金できるような体制を整えているといえます。

しかし、まだ日本でのサービス提供歴はそこまで長くないので、日本人向けの方法はまだまだ少ないですが、現在は日本向けのサービスにも力を入れているため、今後より使いやすくなることが想定されます。
現時点でより便利な方法を選択したいという方には、「Bitwallet」がおすすめです。
登録手続きも簡単なので、ぜひ口座を保有しておくようにしましょう。

また、仮想通貨の取引用の口座も用意されており、6つものコインで入出金することができるようになっているので、仮想通貨での取引を検討している方はぜひeasy marketsを利用してみてくださいね。

おすすめの記事