ハイローオーストラリアで仮想通貨取引は可能か?

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中でも非常に知名度と人気があります。なお、ハイローオーストラリアでは仮想通貨取引も行うことができますが、通常の仮想通貨取引とは異なる点があります。以下に、ハイローオーストラリアでの仮想通貨取引に関して知っておくべきことをまとめます。

ハイローオーストラリアでの仮想通貨取引に対応している仮想通貨は?

ハイローオーストラリアでは、BITCOIN(ビットコイン)とETHEREUM(イーサリアム)の仮想通貨取引が可能です。ただし、通常の仮想通貨取引とは異なる方法です。一般的な仮想通貨取引では、仮想通貨の売買が主なイメージですが、ハイローオーストラリアの仮想通貨取引は、判定時刻までの値動きを予想して投資を行う形式です。

BITCOIN(ビットコイン)

BITCOIN(ビットコイン)は、仮想通貨の代名詞として広く知られています。2017年ごろには、BITCOIN(ビットコイン)による「億り人」と呼ばれる成功者たちの話題がありました。また、新型コロナウイルスの感染拡大においても、仮想通貨は大きな影響を受け、BITCOIN(ビットコイン)の価格が急騰したことを覚えている方も多いでしょう。BITCOIN(ビットコイン)は、投資先としてのみならず、電子マネーやクレジットカードなどの決済手段としても一般的になりつつあります。時価総額も非常に大きく、仮想通貨の基軸通貨としての役割を果たしています。そのため、値動きが比較的安定しており、テクニカル分析が有効に活用されています。

ETHEREUM(イーサリアム)

ETHEREUM(イーサリアム)は仮想通貨であり、同時に分散型アプリケーション開発のためのプラットフォームでもあります。日本ではBITCOIN(ビットコイン)のイメージが強いため、ETHEREUM(イーサリアム)についてはあまり馴染みがありません。しかし、海外の取引所ではETHEREUM(イーサリアム)の取引量がBITCOIN(ビットコイン)よりも多く、人気が高いとされています。ETHEREUM(イーサリアム)の魅力の一つは、ブロック生成時間が短いアルゴリズムです。取引量の多さも相まって、相場が比較的安定しています。ただし、BITCOIN(ビットコイン)の値動きに影響を受けることが多いため、ETHEREUM(イーサリアム)の取引を行う際にはBITCOIN(ビットコイン)の値動きにも注視する必要があります。

ハイローオーストラリアで仮想通貨取引をするメリット

では、ハイローオーストラリアで仮想通貨取引をするメリットについて見ていきましょう。

時間帯に関係なく出来高が豊富

最近では、為替通貨よりも仮想通貨の人気が高まっており、実際に仮想通貨市場は時間帯に関係なく活気に満ちています。為替通貨では通貨ペアや時間帯によって市場が停滞することもありますが、その背景には出来高の影響があります。一方、仮想通貨市場では常に活発な出来高があり、その分エントリーチャンスも多くなります。時間に制約のあるトレーダーであっても、仮想通貨取引ならば充分な取引が可能であると言えるでしょう。

テクニカル分析がしやすく、大いに役立つ

バイナリーオプション取引全般において、テクニカル分析は非常に重要です。これはハイローオーストラリアだけでなく、一般的なバイナリーオプション取引にも言えることです。 テクニカル分析では、相場参加者の数も重要な要素となります。なぜなら、参加者が多ければ多いほど、テクニカル分析の有効性が高まるからです。逆に、参加者が少ない場合はテクニカル分析が難しくなります。 仮想通貨市場は為替市場よりも出来高が多いため、テクニカル分析が容易であり、かつ有益な情報を提供してくれます。これにより勝率を高めることもできます。

スプレッドの影響をあまり受けない

スプレッドは、ハイローオーストラリアを利用しているトレーダーにとって重要な問題となる可能性があります。実際、スプレッドによって勝率が低下するユーザーは多いでしょう。

ただし、仮想通貨取引においては、スプレッドの影響をあまり受けにくくなります。その理由は、仮想通貨市場が出来高が豊富でボラティリティが高い特徴を持っているからです。

仮想通貨市場では、スプレッドの影響をあまり受けず、わずかな差で負けることがなくなります。これにより、悔しい思いをすることなく、いわゆるスプレッドによる負けを回避できるようになります。その結果、勝率も自然と向上するでしょう。

ハイローオーストラリアで仮想通貨取引をするデメリット

先ではハイローオーストラリアで仮想通貨取引をするメリットについてお話しましたが、逆にハイローオーストラリアで仮想通貨取引をするデメリットはあるのでしょうか?
ハイローオーストラリアで仮想通貨取引をする上でデメリットとなり得る点を挙げていきたいと思います。

約定拒否の可能性が高まる

仮想通貨取引においては、出来高の豊富さが様々なメリットをもたらす一方で、デメリットも存在します。そのデメリットの一つが「約定拒否」です。

約定拒否とは、エントリー注文が正式に確定せずに取引が成立しない状況を指します。特に仮想通貨取引では、出来高が豊富なために約定がなかなか行われないと言われています。

為替通貨取引でも、値動きの激しい時間帯にエントリーすると約定されないことがありますが、仮想通貨取引では約定拒否がより頻繁に発生することがあります。したがって、仮想通貨取引ではエントリーできないことが当たり前という感覚を持っておくことが重要です。

約定されない状況で連打してしまうと、思わぬポジションでエントリーしてしまう可能性もありますので、注意が必要です。そのため、約定拒否に対処する方法として、エントリーポジションを分割することがシンプルな対策として挙げられます。

取引時間が限られてしまう

ハイローオーストラリアでの仮想通貨取引は、非常に魅力的な機会だと思います。しかし、ハイローオーストラリアにおける仮想通貨取引には取引時間が制約されるという点があります。

具体的には、「Turbo」と「Turboスプレッド」では30秒取引、1分取引(60秒取引)、3分取引、5分取引と、さまざまな取引時間に対応しています。しかし、「HighLow」と「HighLowスプレッド」では1日取引のみの対応となっています。

過去の情報から推測すると、2021年7月頃までは「HighLow」でも15分取引や1時間取引に対応していたようですが、その後取り扱いがなくなったことから、仮想通貨取引を始めたユーザーが増え、一定の勝率を収めたためではないかと考えられます。

ハイローオーストラリアでは依然として仮想通貨取引が可能ですが、「HighLow」と「HighLowスプレッド」で1日取引しかできないという点は残念であり、もったいないという印象を抱かせます。

おすすめの記事