バイナリーオプションの口座開設に条件はある?

バイナリーオプション初心者がバイナリーオプションを始めるには、まず口座開設が必要です。しかしその手続きはそこまで難しくありません。多くのバイナリーオプション業者では、オンライン上での申し込みが可能なため、手続き自体は比較的簡単となっています。

ここでは、バイナリーオプション業者での口座開設方法について説明していきます。

バイナリーオプションの基礎知識

バイナリーオプションの基本的知識について説明していきましょう。

バイナリーオプションとは、一定の時間が経過した後に通貨の為替レートが「上がる」か「下がる」かの予測を行う取引です。予測が的中すれば支払いにかかった金額および報酬を得ることができますが、予測が外れた場合は支払った金額が損失となります。

取引においては為替レートの値動きを分析して予測するスキルが必要となりますが、バイナリーオプション自体は「上がる」か「下がる」か二者択一となるため、バイナリーオプション初心者でも簡単に取り組めます。バイナリーオプションの基本ルールを理解することで参加できる魅力があります。

バイナリーオプションの5STEP

バイナリーオプションの取引は、次の5つのステップで進んでいきます。

STEP1. 通貨ペアの選択

バイナリーオプションは、豊富な通貨ペアの中からまず取引する通貨ペアを選びます。

代表的な通貨ペアとしては「米ドル/円(USD/JPY)」「ユーロ/円(EUR/JPY)」「ポンド/円(GBP/JPY)」などがあります。取り扱う通貨ペアはバイナリーオプション運営業者によって異なることがあります。

通貨ペアの選びに迷った際には、クロス円通貨ペアの中で流通量が多く、人気な「米ドル/円(USD/JPY)」を選ぶのが安心です。米ドル/円の通貨ペアは市場での取引量が大きい主要通貨のため、情報や分析資料もたくさんありますので、取引しやすいと言えるでしょう。

STEP2. 一定時間ののち為替レートを選択

次に、選んだ通貨ペアが一定時間経過した後に、その価格が「上がる」か「下がる」かを予測します。取引を早く終了させたい場合は、短期取引を選択することがよいでしょう。30秒や1分、5分などがその場合には選択可能です。

一方で、ゆっくり時間をかけたい場合には、30分や1時間といった長い時間を選択します。時間については自分の得意な取引スタイルや目的に応じて選ぶことができます。

STEP3. チケットの購入

通貨ペアを選択して「上がる」か「下がる」かを予測したらチケットを購入しましょう。金額設定は自由に行うことができます。チケットの購入により取引がスタートとなります。あとは判定時間を迎えるのを待つだけです。

STEP4. 取引結果の確定

判定時刻が経過すると取引結果が表示されます。この時点で「上がる」か「下がる」か選択した値動きが正しかったかが判定されます。

STEP5. 支払い

予測が正しければ、チケット購入金額が戻り報酬が受け取れます。一方で予測が外れた場合には、報酬は得られずにチケット購入金額を失って取引は終了です。

バイナリーオプションは以上の基本的な流れで進んでいきます。判定時刻までに取引を途中で終了することもできます(これを転売といいます)。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションには多くのメリットが存在します。

主なメリットは以下の3つです。

メリット
  • ルールが簡単で分かりやすい
  • 少額取引が可能
  • 途中でやめられる

細かく見ていきましょう。

ルールが簡単で分かりやすい

バイナリーオプションでは、取引のルールが簡単でわかりやすくその点が大きなメリットです。たとえば、有名なFXや株式投資と比較すると非常に簡単なルールであるため、金融投資が初めての人でも取り組みやすく、学習コストや利用ハードルが低いからです。

取引方法は細かく分けると単純なものではないものもありますが、基本的には二者択一で予測を行います。

少額取引が可能

バイナリーオプションは少額取引が可能です。

FXや株式投資の場合、大きな資金を投入すれば高いリターンが期待できますが、それと同時に大きなリスクも伴います。

しかしバイナリーオプションは少額取引が可能で、1,000円程度からも取引開始できます。もちろん、そこそこの額を投資することもできますが、海外のバイナリーオプション「ハイローオーストラリア」の場合、最大の掛け金が20万円までに制限されています。過剰な投資を防ぐことができ、リスクを抑えた取引ができる。それがバイナリーオプションのメリットでもあります。

途中でやめられる

バイナリーオプションでは、取引する際にはチケットを購入しますが、判定時刻に達する前に売却することも可能となっています。これを転売と言いますが、それによって利益を確定させたり、損失を軽減することもできます。

たとえば予想と実際の値動きが大きく乖離していると感じた場合には、転売することで損失を最小限に抑えることができるのです。このように、転売ができる点はバイナリーオプションのメリットのひとつとなっています。

バイナリーオプションの口座開設

次にバイナリーオプションの口座開設について、手続きの流れを見ていきます。

STEP1. 利用するバイナリーオプション業者を選ぶ

バイナリーオプションの取引を始める前には、まずは運営している業者を選ぶ必要があります。業者選びは、今後の取引に大きな影響を与える重要な作業です。

以下は、業者選定の際に参考にしたい条件やポイントとなります。

業者選定のポイント
  • バイナリーオプション運営業者はどこ国のものか?
  • 口座に入れた資金はどのように管理されるのか?
  • 出金に問題はないか?
  • 取引コスト(口座手数料、為替手数料、証拠金など)はどれくらいになるか?
  • 取引可能な銘柄はどれくらいあるか?
  • 自分の投資スタイルに合っている業者か?

STEP2. 申し込みフォームへの入力

運営業者を選定したあとは、口座開設申し込みを行っていきます。

一般的には、業者のウェブサイト上の「口座開設申し込みフォーム」から申し込みを行いますが、業者によって口座開設フローは多少異なる場合もあります。

申し込みフォームに必要事項を入力し、取引口座にログインして注意事項などを確認しましょう。フォームへの入力時には本人確認書類提出をネット上から行うことになるため、事前に必要なものを準備しておきましょう。

国内のバイナリーオプション業者では、バイナリーオプションに関する知識確認テストが実施されることがあります。内容としては簡単な投資経験や投資に関する質問が行われます。

STEP3. 口座開設完了

口座開設の手続きが完了したら、次は口座への入金を行いましょう。入金するためには、最低入金額以上の金額を用意します。これで取引を開始する準備が整いました。

審査に落ちた場合には

バイナリーオプションの口座開設審査に落ちるとしたら、何かしらの原因があります。

口座開設審査に落ちる原因

  • 書類不備
    →このケースが一番多いです(写真が不鮮明、必要書類の有効期限が過ぎてしまっている)
  • 年齢が未成年である
  • 金融資産が基準を満たしていない
  • 投資経験がない
  • 現住所がない
  • 年齢が80歳以上

運営業者によっては、一定基準を満たさなければ口座開設ができない場合があります。

しかし、同じ条件で別の業者に申し込んだ場合に口座開設ができる可能性もあります。

バイナリーオプションの口座開設は、FXと比べると手続きが煩雑であると言われています。口座開設がうまくいったとしても、取引に支障がないようにするために、業者選びは慎重に取り組みましょう。

おすすめの記事