FXDDはトラブルが多い?FXDDを使う時に注意すべきこと

FXDDは2002年から長い期間運営を行っている海外FX業者なので、信頼して自分の資産を任せることができると考えている方も多くいるのではないでしょうか?
しかし、やはり運営歴が長いからこそ、さまざまな噂が飛び交っており、過去の出来事を不安に感じることもあるでしょう。

実際にこれまでのFXDDの歴史では、顧客とのさまざまなトラブルによる悪い噂も流れています。
そのことをきちんと把握しておかなければ、安心してFXDDを使うことはできませんよね。

そこで今回は、FXDDで起こったトラブルについて見ていきましょう。

FXDDで実際に起こったトラブル

ではここからは、FXDDが創業されてから20年程度の期間で起こったトラブルについて見ていきましょう。

スイスフランショック

FXDDの歴史の中で、最もユーザーに衝撃を与えたのは「スイスフランショック」でしょう。
スイスフランショックとは、2015年1月15日に発生した大暴落のことです。

その日の午前中にスイス銀行が行った発表により、スイスフランの買い注文が殺到したため、わずか20分ほどで他の通貨ペアは暴落し、スイスフランのみが暴騰するということが発生しました。
この事件によって、多くの資産を失ったという投資家はかなり多いのではないでしょうか?

スイスフランショックの際には、ロスカットが大量に発生し、どのFX業者もすぐにゼロカットシステムを稼働させられずにいました。
そのため、あとから損失分を補填したというところもあります。

ただ、FXDDの場合はその損失を補填することは行いませんでした。
そのことにより、多額の借金を背負ったユーザーは多く、大きな問題だと言われることもありました。

 

ゼロカット自体はサービスだと発表

スイスフランショック事件によって、FXDDはきちんとサービスを提供しない業者だと判断する方も多くいました。
しかし、FXDD側はすぐに以下のような発表を行っています。

スイス中銀政策金利発表による影響の為、市場が非流動的な状況となりCHF関連の取引に大きな影響が出ておりました。
(中略)
また、口座残高がマイナスになった場合は、今までは状況などを確認し、特別にお客様にサービスとしてマイナス額をフラットに戻しておりましたが、今回はサービスの範囲を超えておりますため、顧客同意書上、弊社サービスのご利用にはマイナス額をご入金いただく必要がございます。

FXDD公式サイト
これに対して、すでに約束されていたことは果たされていないというユーザーも多くいましたが、実際に同意書の中では「ユーザーが追証分を負担する必要がある」という文章が記載されていました。
そのため、この問題に関してはユーザーの確認不足もしくは勘違いということになります。
しかし、海外FX業者の多くはゼロカットシステムが採用されており、これまではFXDDでも実施されていたことから、不信感を持った方もいたのは事実と言えるでしょう。

ゼロカット・スイスフランに関するユーザーの口コミ

FXDDのスイスフランショックに関する口コミを見てみると、やはり不安視する声が多くいます。
この件に関しては、いまだにFXDD側が約束を反故にしたとみている方もいるため、また同じようなことが起こるのではないかという不安をかかえている方もいるようです。

ただ、このような問題はFXDDだけではなく、他の海外FX業者でも起こり得ると考えている方もいるようです。
実際にスイスフランショックのような暴落が原因で、破綻してしまったFX業者も過去にたくさんあります。

そのことを踏まえると、いくら海外FX業者を利用するといってもゼロカットシステムに頼ったハイレバレッジを使った戦略は避けておいた方がよいでしょう。

FXDDを利用したさまざまな詐欺被害

FXDDを利用している方の口コミを見ていると、FXDDを使った詐欺被害に巻き込まれている方はかなり多くいるようです。
このようなトラブルはFXDDが問題ではありません。
ただ、詐欺をたくらむ方がFXDDの名前を使って行うということが多くあるようです。
この理由は、FXDDがコピートレードや自動売買を利用することができる仕組みになっていることが挙げられます。
そのため、「素人でも何もせずに投資ができる」といううたい文句で多くの資産を集めているようです。
また、FXDDは2002年から長年多くのユーザーに愛用されているFX業者なので、話の信憑性を高められると考える方も多くいるようです。
ただ、このような詐欺案件にFXDDが関わっていることはなく、ただ利用されているだけだと言えます。
そこでここからは、FXDDを使って行われている詐欺案件について詳しく見ていきましょう。

FXDDの偽サイトを使った税金詐欺

知人から投資を薦められてFXDDの偽サイトにアクセスして嘘の投資を行ってしまったという事件がありました。
この事件の肝は、FXDDとほとんど一緒のサイトが作られているという点です。
そのため、気づかずに話を信用して投資を行ってしまったということでした。
しかし、投資で利益が出て出金しようとすると、税金をFXDDにチャージしないと口座が凍結されると言われ、そこで初めて詐欺に気づいたという事件が起こりました。
実際のFXDDの投資では、そのようなことはなくスムーズに出金することができます。
そして年間の収支を合算して税率を掛け合わせ、必要となる税金を支払うことになります。
そのため、実際にはないことを偽サイトによって作り上げることによって、出金を拒否してその資産を奪うという詐欺方法となっています。

コピートレードによる詐欺被害

コピートレードとは、プロの投資家が行っているトレードを自分の口座に反映させるというものです。
実際にまっとうなサービスとして行っているところも多くあり、それによって何もしなくても利益を出している方もいます。
しかし、コピートレードは個別の口座で行うわけではなく、投資家の資産をまとめて管理して、投資金額の割合分の利益を分けるという形になっています。
そのため、実際にトレードしている内容を見ることができないというケースも多くあります。
このような仕組みになっていることを利用して、詐欺を働く方もいるようです。
このような詐欺では、高い利率を提示されて話に乗る方が多くいるのですが、実際にその利益が出るのは数か月ほどでその後はロスカットを理由に資産が返ってこないということもあります。
実際にどのような取引が行われていたのかを確認することはできないため、それが詐欺なのか本当に急な暴落によるものなのかを判断することは難しいと言われています。

FXDDの詐欺被害に関する口コミ

ではここからは、FXDDでの詐欺被害の口コミを見ていきましょう。
実際に口コミを見てみると、詐欺被害に遭った方の報告が多数みられました。
その多くは、コピートレードやミラートレードという名目で行っているようです。
FXの知識がなくても稼げるという謳い文句でFXに詳しくない方を狙った投資案件となっています。
FXDDだけではなく、あまりにも利益率のよいコピートレードの案件を紹介された場合には、注意しておいた方がよいでしょう。

 

FXDDでトラブルに巻き込まれないための対策方法

FXDDで口座開設を行う際には、自分が今持っている資産を使ってより多くの利益を出したいと考えているでしょう。
しかし、トラブルに巻き込まれてしまうと、自分の資産も時間も失ってしまう可能性があります。

そこでここからは、FXDDを利用している中でトラブルに巻き込まれないための対策方法について見ていきましょう。

 

ハイレバレッジでの取引は行わない

FXDDは現在、ゼロカットシステムを実施していません。
そのため、取引の際に暴落が起きて損失が出てしまうと、そのすべてを自分で負担する必要があります。

海外FX業者を利用する場合、大きなレバレッジとゼロカットシステムを使ってハイリスクハイリターンの取引をしたいと考える方も多くいますが、FXDDの場合はリスクの方がかなり高くなってしまいます。
そのようなことを防ぐためにも、レバレッジはできるだけ小さく取引をした方がよいでしょう。

 

利用する前にしっかりとリサーチを行う

スイスフランショックの際に多くのユーザーが大きな損失を抱えてしまったのは、しっかりと利用規約を読んでFXDDのトレードを理解していなかったからです。
実際にその当時のFXDDの規約には、ゼロカットシステムは企業側の好意で行っているもので、基本的にはユーザーが損失を負担しなければいけないという記載がありました。
これを理解していれば、早めに対処した方もいたでしょう。

しかし、多くの方がこの規約をしっかりと読み込んでおらず、ゼロカットシステムが実施されるものだと勘違いしていたことから、あのようなトラブルが発生してしまったのです。
実際にFXDDで口座開設を行う際には、必要な書類をしっかりと読んでおくようにしましょう。

 

コピートレードは行わない

FXDDを使った詐欺被害の多くは、コピートレードによって行われています。
コピートレードであれば、FXの知識がない方や普段忙しくてなかなか取引をできない方であっても、簡単に利益を出すことができると感じるでしょう。

しかし、コピートレードは取引内容を見せずに多くの資産を集めることができるので、詐欺師からしても使いやすい謳い文句の1つとなっています。
そのため、コピートレードと書かれているものは使わない方がよいでしょう。

もちろんその中には詐欺ではないものもあると思いますが、トラブルに巻き込まれるのを避けるためにはコピートレード自体を避けておくことをおすすめします。

 

見慣れないドメインでないかを確認する

FXDDの詐欺被害では、FXDDの偽サイトが使われることも多くあるようです。
そのため、サイトが正しいものなのかを確認しておくことも重要でしょう。

詐欺サイトの中には見た目が似ているものも多くありますが、URⅬのドメインは偽装することができません。
しっかりと確認しておくことで、思わぬトラブルを避けることができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?FXDDを利用する時にきちんと注意をしていないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
そのため、きちんと対策をしておくことが重要でしょう。

事前にFXDDのサービス内容や規約を確認して利用をし始めれば、トラブルを避けることができるので、しっかりとFXDDに関する知識を持って取引を始めることをおすすめします。
FXDD自体は使いやすいFX業者となっているので、そのサービスを最大限に活用して利益を伸ばしていきましょう。

おすすめの記事