Zentrader(ゼントレーダー)バイナリーオプションの特徴

ゼントレーダー(Zentrader)は、ΖΤ-Μαrkets-Limitedが運営するセントビンセントグレナディーン諸島に本社を置く海外バイナリーオプション業者ですが、2018年に設立されてまだ月日の浅い新しい業者です。シンプルな画面と操作性の高いオンライン取引プラットフォームを提供、公式サイトは日本語化されているものの、あまりこなれた日本語ではないので日本人向けサポートは少々弱い感じが否めません。

目次

ゼントレーダー(Zentrader)の特徴

ゼントレーダー(Zentrader)は、以下のような特徴を持っています。

特徴
  • 基本通貨:米ドル(USD)、日本円(JPY)、インドネシアルピア(IDR)、ユーロ(EUR)、ポンド(GBP)
  • 業界最高のペイアウト率(1.70倍~1.95倍)
  • 取引手数料、無料
  • 外国為替、コモディティ(商品先物)、個別株、株価指数など豊富な取引銘柄
    ※通貨ペア:17銘柄/株式:4銘柄/貴金属:1銘柄/エネルギー:1銘柄/株価指数:4銘柄/仮想通貨:5銘柄
  • 素早い入出金、手数料無料(ほとんどの地域において)
  • 経験豊富なスタッフが親切丁寧にサポート(英語、日本語、インドネシア語)

誠実性、透明性、公平性の確保に全力で取り組んでいる点が大きなポイントです。

500円の少額から取引可能

ゼントレーダー(Zentrader)の最低取引額は500円と非常に低く設定されています。他サービスでは1,000円に設定されていることも多いため、その低さは際立っています。リスクを抑えてトレードしたい人やバイナリーオプション初心者におすすめです。

デモトレードが利用可能

ゼントレーダー(Zentrader)では、リアル口座開催する前にデモトレードが利用できます。デモ口座は100万円の仮想資金を使用し、本番と同等環境でバイナリーオプション取引ができる口座です。手持ち資金を一切使うことなく、実際にトレードできるので、まずはゼントレーダー(Zentrader)を試したい人に向いています。デモ口座はメールアドレスを送信することですぐに利用することが可能となっています。

ゼントレーダー(Zentrader)の取引種類

ゼントレーダー(Zentrader)には取引種類が2つ用意されています。

クラシック

ゼン・トレーダークラシックでは、FXをはじめ、商品先物、貴金属、有価証券、株価指数の変動によって利益を取得することができます。このトレードは設定期間によって判定されるもので、商品によって160~190%の利益を望むことができます。設定期間の柔軟性・便利さを好む短期トレーダーに適しています。また、ゼン・トレーダークラシックでは、開始時間と終了時間が設定されています。

取引銘柄外国為替、コモディティ、個別株、株価指数
ペイアウト率最大1.9倍
取引時間15分、30分、1時間、2時間、4時間

オンデマンド

ゼン・トレーダーオンデマンドでは、トレーダーは30秒~5分間、お好みの取引時間を選択することが可能です。ゼン・トレーダークラシックとは異なり、取引実行後にタイマーがすぐにカウントをスタートさせます。オンデマンドでは、商品によって180%~195%のペイアウトが可能となっています。

短期に複数取引を実行するトレーダーにはオンデマンドはとても適しています。

取引銘柄外国為替
ペイアウト率最大1.95倍
取引時間30秒、1分、3分、5分

ゼン・トレーダーオンライン取引の基本情報

プラットフォームの名称ゼン・トレーダーオンライン取引
取引方法クラシック、オンデマンド
取引環境ウェブブラウザ版、Androidアプリ、PC版取引ツール(Windows/Mac)
取引銘柄外国為替、コモディティ、仮想通貨、個別株、株価指
取引可能時間24時間365
レート配信元FXCM社
基本通貨米ドル、日本円、インドネシアルピア
最低取引額5ドル、500円、 50,000ルピア
最大取引額1,000ドル、10万円、10,000,000ルピア
取引限度額(1オプション)10,000ドル、100万円、100,000,000ルピア
一度に購入可能な上限額(口座ごと)25,000ドル、250万円、250,000,000ルピア

※ 最大取引額、1オプションごとの取引限度額、一度に購入可能な上限額(口座ごと)は、市況によりまた週末の取引時間中は下がる場合あり

ゼントレーダー(Zentrader)の通貨ペア

ゼン・トレーダークラシック、ゼン・トレーダーオンデマンドには、それぞれ以下のような通貨ペアがあります。

ゼン・トレーダークラシック

AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、CAD/JPY、CHF/JPY、EUR/AUD、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/AUD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY

ゼン・トレーダーオンデマンド

AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、NZD/JPY、USD/JPY

ゼントレーダー(Zentrader)における利用の注意点

ゼントレーダー(Zentrader)では、以下の禁止行為を行うとペナルティとなってしまいます。

禁止事項
  • VPSまたはバーチャルマシン(VM)から取引した場合
  • 仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を介した取引の場合
  • 取引量に急激な変化もしくは大きな変化が認められるスキャルピングトレード
  • アービトラージ(裁定取引)、価格レイテンシ(待ち時間)、もしくはシステムの過負荷を利用した取引をした場合

ゼントレーダー(Zentrader)の取引プラットフォーム

ゼントレーダー(Zentrader)はパソコン以外にタブレット・スマートフォン(Android)でも取引可能です。

ウェブブラウザ版

いつでも手軽に使えるダウンロード不要のウェブブラウザ版です。パソコン(Win/Mac)、タブレット、スマホ(Android/iOS)に対応しておりホームページから簡単にログインできます。

PC版取引ツール

フル機能のPC版取引ツールを今すぐダウンロード!WindowsとMacどちらにも対応しています。

Androidアプリ

ゼン・トレーダー(Zentrader)Androidアプリは、リアルタイムで市場の動きを確認し時間・場所を選ばず瞬時に取引可能とします。

ゼントレーダー(Zentrader)の取引カレンダー

ゼン・トレーダークラシック

外国為替

AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/JPY, USD/JPY

15分取引~15分毎(23時~21)

30分取引~30分毎(23時~21)

1時間取引~1時間毎(23時~21)

2時間取引~1時間毎(23時~21)

4時間取引~1時間毎(22時~21)

24時間取引~1時間毎(22時~21)

外国為替

AUD/NZD, CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD, EUR/CHF, EUR/GBP, GBP/AUD, GBP/USD, NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD, USD/CHF

15分取引~15分毎(23時~18)

30分取引~30分毎(23時~18)

1時間取引~1時間毎(23時~18)

2時間取引~1時間毎(23時~21)

4時間取引~1時間毎(22時~21)

24時間取引~1時間毎(22時~21)

外国為替

USD/MXN

外国為替

USD/MXN

商品

GOLD, SILVER, COPPER, US OIL (WTI)

15分取引~15分毎(23時~20)

30分取引~30分毎(23時~20)

1時間取引~1時間毎(23時~20)

2時間取引~1時間毎(23時~20)

4時間取引~1時間毎(23時~20)

株価指数 (JP)

NIKKEI 225

15分取引~15分毎(0時~6)

30分取引~30分毎(0時~6)

1時間取引~1時間毎(0時~6)

株価指数 (US)

DOW JONES, NASDAQ, S&P 500

15分取引~15分毎(0時~21)

30分取引~30分毎(0時~21)

1時間取引~1時間毎(0時~21)

2時間取引~1時間毎(0時~21)

個別株 (US)

APPLE (APPL), AMAZON (AMZN), GOOGLE (GOOG), TESLA (TSLA)

15分取引~15分毎(1430分~21)

30分取引~30分毎(1430分~21)

1時間取引~1時間毎(1430分~21)

2時間取引~1時間毎(1430分~21)

仮想通貨

BTC/USD, BTC/JPY, BTC/EUR, ETH/USD, LTC/USD, XRP/USD, NEO/USD, DOT/USD

15分取引~15分毎(124時間)

30分取引~30分毎(124時間)

1時間取引~1時間毎(124時間)

2時間取引~1時間毎(124時間)

4時間取引~1時間毎(124時間)

24時間取引~1時間毎(124時間)

 ゼン・トレーダーオンデマンド

外国為替

AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/JPY, USD/JPY

30秒取引(23時~20)

1分取引(23時~20)

3分取引(23時~20)

5分取引(23時~20)

外国為替

NZD/JPY

30秒取引(23時~18)

1分取引(23時~18)

3分取引(23時~18)

5分取引(23時~18)

仮想通貨

BTC/USD, BTC/JPY, BTC/EUR, ETH/USD, LTC/USD, XRP/USD, NEO/USD, DOT/USD

5分取引(124時間)

※取引時間は協定世界時(UTC)で表示される
※日本標準時(JST)は、協定世界時(UTC)のプラス9時間(UTC+9)
※UTCが午前0時の時、JSTは午前9時
※各国の休日または市場の休日により、休場される場合があり
※株価指数と株式取引は昼休みのため一時停止されることもあり (該当する場合)

ゼントレーダー(Zentrader)の入出金方法

ゼントレーダー(Zentrader)は、以下の方法により入金・出金が可能で、入出金手数料は無料となっています。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカード・デビットカード入金は、手続き完了後、即時ゼン・トレーダー取引口座に反映されます。VISAとMastercard、JCBが利用可能となっています。

入金

ゼン・トレーダー(Zentrader)管理画面にログインし「ご入金」をクリック。「クレジットカード VISA・MASTER」「クレジットカードJCB」のいずれかを選択します。

出金

クレジットカードでの出金には未対応です。
※ゼントレーダー(Zentrader)は、クレジットカード・デビットカード入出金手数料は無料。しかし、カード発行会社によっては海外取引、事務処理、為替手数料などが発生するケースがありますので、詳しくは各カード発行会社まで連絡してみましょう。

ターボ入金(24時間即時入金)

ターボ入金とは、24時間365日(土日・祝日を含む)手数料無料で多くの金融機関から入金ができるサービス。事前のお手続きは不要、通常15分程度で口座へ反映されるものとなっています。

入金

ターボ入金ですが、「みずほ銀行」を選択し入金額を入力し「ご入金」をクリックします。
※ 最低入金額は5000円

出金

ゼントレーダー(Zentrader)では、ご指定の金融機関口座への出金が可能です。最短で翌営業日の着金となります。

日本国内銀行送金 CURFEX

Curfex(カーフェックス)は香港が拠点の海外送金サービスです。日本の金融庁・関東財務局の認可を受け運営しているため安全です。事前登録が必要です。平日のみ利用可能となっており、通常1時間以内に口座反映されます。

入金

Curfex入金ですが、ゼン・トレーダーで入金する場合、国内銀行送金が最も速い方法です。営業時間中、通常1時間以内に入金完了、無料で利用可能です。

出金

ゼントレーダー(Zentrader)では、ご指定の金融機関口座への出金が可能。最短で翌営業日の着金となります。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは迅速で便利な入出金方法です。

入金

ビットコイン入金は、まずゼン・トレーダー(Zentrader)管理画面の入金ページから「仮想通貨 ビットコイン入金」を選択、希望の入金額をビットコイン(BTC)額で入力した後、送付先ビットコインアドレスとQRコードが表示されます。あとは送金するだけです。ゼントレーダー(Zentrader)が送金確認を受け取った時点の為替レートが適用となり、ゼン・トレーダー(Zentrader)取引口座の基本通貨で入金反映します。ビットコイン(BTC)なら、24時間365日入金が可能。ネットワークに問題がなければ3回承認後に(通常20分以内)処理が行われます。

出金

ビットコイン出金処理は1日1回ほど行われます。取引口座の基本通貨で出金申請を行いましょう。出金処理した時点でのレートを使用し、ビットコインウォレットに送金されます。

bitwallet(ビットウォレット)

入金

bitwallet(ビットウォレット)は、ゼントレーダー(Zentrader)のトレーダーにとってはとても早く便利な入出金方法。即時取引口座に反映可能で、4種類のクレジットカードと銀行送金に対応。ビットウォレット口座を持っていない方も、ワンタイム決済を利用して入金可能です。

出金

ビットウォレットで出金する手順ですが、まずゼン・トレーダー(Zentrader)管理画面にログイン後、「ご出金」をクリックします。「ご出金額」を入力して「出金方法」メニューより「Bitwallet(ビットウォレット)」を選択します。ビットウォレット口座メールアドレスを入力して「送信」をクリックすれば手続きが完了します。

ゼントレーダー(Zentrader)のキャンペーン・プログラム

2022年10月現在、ゼントレーダー(Zentrader)で新規に口座開設される方や取引される方に、お得なキャンペーン・プログラムがあります。

お友達紹介プログラム

ゼン・トレーダー(Zentrader)ご利用のお客様からの紹介によって、友達が新規口座を開設および入金確認できた場合には、お1人につき2,500円(または基本通貨相当額)のキャッシュバックをプレゼント。

紹介方法は、リアル口座を開設して管理画面にログインし、「友達を紹介」をタップするとお客様専用の紹介リンクが表示されます。紹介リンクをメールやSNSでシェアし、友達が口座開設・初回入金すれば2,500円が口座に入金されます。

進呈条件

紹介された方(ご家族、お友達)が登録および本人確認まで完了する必要があります。紹介特典は紹介日から通常1~2営業日以内に自動的に付与されて即出金可能となっています。本プログラムは実施期間を特に定めていません。

新規口座開設ボーナス 5,000円

ゼン・トレーダー(Zentrader)取引口座を新規開設したお客様全員に対し、5,000円(または基本通貨相当額)をキャッシュバックします。キャッシュバックの受取方法は、ゼン・トレーダーゼントレーダー(Zentrader)のリアル口座を新規開設、お客様の都合のよい方法で入金します。最低20回のお取引を終えた後、キャッシュバックが自動的に取引口座に付与されます。

キャンペーン条件

ゼントレーダー(Zentrader)は、公正かつ透明性のあるボーナス提供に努めており、ボーナス条件はキャッシュバックと同額の取引を完了するのみとなっています。本キャンペーンは期間限定となっており終了時期はは定かではありません。

ゼン・トレーダー(Zentrader)リワード

ゼン・トレーダー(Zentrader)リワードは、取引量に応じて毎月キャッシュバックが貰えるチャンスです。現役トレーダー向けの優遇プログラムとなっており、毎月自動的に取引口座にキャッシュバックされます。取引に利用してより多くの利益を狙うことも可能です。取引量に応じて毎月のステージが決まり、取引すればするほど、高額キャッシュバックとなります。

ゼン・トレーダー(Zentrader)リワード各ステージ詳細

ブロンズ

月間取引量の多いトレーダー向け。ゼントレーダー(Zentrader)の大切なお客様として、ブロンズステージの方には前月の取引量に応じて、翌月初旬にキャッシュバックを行います。

月間取引量1,000,000円~2,500,000円
リワードポイント100~250
キャッシュバック5,000円

※ 取引額1万円につき1ポイント貯まります。

シルバー

シルバーステージの方には追加特典がプレゼント。シルバーステージを達成するとキャッシュバックが増額、前月の取引量に応じて、翌月初旬にキャッシュバックになります。

月間取引量2,500,000円~5,000,000円
リワードポイント250~500
キャッシュバック10,000円
ゴールド

現役トレーダー向け。ゴールドステージ限定の特典が用意されています。前月の取引量に応じて、翌月初旬にキャッシュバックが行われます。

月間取引量5,000,000円~7,500,000円
リワードポイント500~750
キャッシュバック25,000円

※ ゴールドステージの方には、年間を通じて、様々な特典をご用意しております。

ダイヤモンド

現役デイトレーダー、大切なお客様向けのステージ。ダイヤモンドステージの方には、さらに高額キャッシュバック、限定特典などが提供されます。

月間取引量7,500,000円以上
リワードポイント750
キャッシュバック50,000円以上

※ダイヤモンドステージの方は、年間を通じて、追加キャッシュバック、キャンペーン、景品などのご優待特典を受けられます。

その他におすすめの海外バイナリーオプション業者

バイナリーオプション業者は他にもたくさんありますが、比較検討する際に見ておきたいバイナリーオプションをいくつかご紹介しておきましょう。

FIVE STARS MARKETS

FIVE STARS MARKETSはバハマ国に拠点を置く海外バイナリーオプション業者。土日祝日も取引が出来る業者ということで人気を博しています。スプレッド取引が無く、ハイロー取引のみが行われます。最大ペイアウト率は1.90倍になっています。

バイナリーオプション名FIVE STARS MARKETS
分類海外バイナリーオプション
口座維持費無料
口座開設スピード即日
取引手数料無料
最低ペイアウト倍率1.60 倍
最高ペイアウト倍率1.9倍
最低取引額500円
最高取引額130,000円
最低入金額10,000円
最短判定時間30秒

 

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは、マーシャル諸島を拠点としHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。特長はペイアウト率が最大2.3倍であること、国内決済代行会社と提携していることから入出金がはやいなど、日本人トレーダーの利用も多い海外バイナリーオプション業者となっています。

バイナリーオプション名ハイローオーストラリア
分類海外バイナリーオプション
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
取引手数料無料
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5,000円
最短判定時間30秒

バイナリーオプション業者を選ぶ際のポイント

バイナリーオプション業者を選定するにあたって、注目すべきポイントはいくつかありますが以下のようなものがあります。

バイナリーオプション業者を選ぶポイント
  • ペイアウト率が高い業者を選ぶ
  • 信頼できる業者を選ぶ
  • 主要通貨ペアを押さえた業者を選ぶ
  • 使いやすい業者を選ぶ

ペイアウト率が高い業者を選ぶ

ペイアウト率は、取引が成功した際に利益額を確定する倍率のことを言います。一般的には1.7倍~1.9倍が平均値となっていますが、最近は2倍を超えるところも出てきています。ペイアウト率は高ければ高いほど良いですが、その分他のリスクはないどうか、しっかり調べておきましょう。

信頼できる業者を選ぶ

バイナリーオプション業者は信頼できるところであることを重視しましょう。海外の業者を選ぶ場合には、金融ライセンス保有の有無や、運用実績や評判などについてしっかり調べてから利用しましょう。ゼントレーダー(Zentrader)は、運用実績が2018年からとまだ比較的新しい業者なので、あまり情報が出回っていない点がデメリットに感じるという方もいます。

主要な通貨ペアを押さえた業者を選ぶ

バイナリーオプションは業者によって各種通貨ペアや株価指数など、銘柄のバリエーションが異なります。主要な通貨ペアを押さえている業者を選んでおきましょう。

使いやすい業者を選ぶ

バイナリーオプションは、ユーザーインターフェースの使いやすさや操作性も選定ポイントとしておきましょう。チャートの動きや約定のスムーズさはトレードに大きな影響を与えます。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは、ある時点での通貨レートの動向を予測する比較的単純な形式のオプション取引です。この取引方法は、初心者から上級者まで幅広い投資家にアクセスしやすく、適切な戦略と知識をもって取り組むことで、大きな収益を上げる可能性があります。

"バイナリー"という言葉は"二進法"から来ており、文字通り投資の選択肢が0または1、つまり二つのうちの一つに限られることを意味します。投資家は、通貨レートが期間内に上昇するか下降するかを予測し、予測が正確であれば利益を得ます。このプロセスは、将来の取引権利に投資するオプション取引の原理に基づいています。

さらに、バイナリーオプションの市場には様々な取引形式が存在し、最近では暗号通貨を対象にした取引も増えています。しかし、特に初心者にとってアクセスしやすいのは為替市場を対象としたバイナリーオプションです。FX取引と比較されることもありますが、FXは為替の動きの幅に応じた損益が発生するのに対し、バイナリーオプションでは予測の正確性が収益を決定します。

世界の基軸通貨をメインに考える

バイナリーオプションには、通貨を投資対象とするものがあります。なかでもドル/円とユーロ/円、ポンド/円が有名で、これら世界の基軸通貨に絡んだバイナリーオプションが無難です。中には流通量が少ない通貨でバイナリーオプションを行うのが好きな人もいるかもしれません。しかし情報量が少ない通貨はやはり怖さや危険が伴いますので、普段のニュースなどでも目にする機会が多い通貨を中心にバイナリーオプションを行うのが良いです。

為替相場はどうやって決まる?

バイナリーオプションは通貨レートが上がるか下がるかを二者択一で予想するものです。実際にどうして通貨レートが上がったり下がったりするのかの仕組みをよくわかっていない人もいるでしょう。通貨レートが変動するということは、通貨の需要と供給のバランスによって必要な通貨を欲しいと思う人が多ければ、その通貨の価値が高くなり、いらないので売りたいという人が多くなればその通貨の価値は下がるという、単純な理由によって成り立っています。日本国内でのみ通貨を売買している訳ではなく、世界中の人たちとさまざまな通貨を売買しながら為替レートは刻一刻と変わっていきますので、為替レートの予想を行う際には日本の経済情報を知っておくだけでなく、世界情報、なかでも自分の関係する通貨をベースとする国の情勢は知っておきましょう。

値動きが小さくても大きな利益を得られることも

FXや株の場合には為替がどれだけ上がったか下がったかが損益に響いてきます。値動きがあまりなければ、損をしなければ得もしませんので「投資している意味があるのか?」と感じることもあるでしょう。その点バイナリーオプションは、通貨レートが一定の時間を得てのち上がったか下がったかを予想する投資方式です。決められた条件がクリアされれば業者によって決められたペイアウト率(支払い率)によって支払いが行われます。

当然掛け金となる投資額が多ければ多いほどペイアウトされる額は増えますが、株やFXのようにマイナスになるようなことはなく、0か100かといった形で損益は確定します。損失額は投資を行った段階で決まっており、資金以上の投資をすることはありません。

バイナリーオプションは小額投資ができる

バイナリーオプションが優れている点として、投資額が非常に小さいことがあります。バイナリーオプション業者によってその額は異なるものの、裁定取引額が小さいところは多いですが、現在は円安傾向にとなっている日本経済ではあるものの(2022年10月現在)、バイナリーオプションの最低取引額が10円からといった業者も存在します。

バイナリーオプションの取引単位はロットと呼ばれますが、1ロットあたり10円からというようなものだと失敗しても大したことはないでしょう。それくらいの額から投資をスタートさせて徐々にロットを増やしていく。バイナリーオプション初心者が失敗しないための戦略になります。

結果が判明するまでが早い

バイナリーオプションの特徴は1回の取引期間が非常に短いです。

バイナリーオプションの取引の流れ
  1. 取引スタート
  2. 購入開始
  3. 購入終了
  4. 判定時間
  5. 支払い時間

この期間がわずか数分から数十分で終わらせることができる点が気軽にバイナリーオプションを行える理由の一つとなっています。投資活動を行っている方の中には、デイトレーダーのように一日画面の前に張り付いているようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、そんなことを毎日行っていれば精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。その点、パソコンやスマートフォンさえあればバイナリーオプションはいつでもどこでも行えるバイナリーオプションは、短期間の予測で結果を得られる投資方法。忙しい人や本業の合間に副業的に投資を行っている方でも十分行えます。

バイナリーオプションのリスク

初期投資が少なく、資金がマイナスになることはないという理想的な投資形態とも言えるバイナリーオプションですがが、もちろんリスクは存在します。そのリスクは、簡単な投資方法であるがゆえにギャンブルトレードになりがちである点です。

バイナリーオプションは上がるか下がるかの二択方式ですので、勝率は50%となります。しかし、トレードについての知識がなくただやみくもにバイナリーオプションに手を出してしまえば、それは投資ではなくギャンブルになってしまいます。もちろん宝くじや競馬、パチンコのような公営ギャンブルとは違うとはいえ、それでもギャンブルトレードが勝てるわけがありません。そんなバイナリーオプションで利益を出していくためには、しっかりした学習・研究が必要となります。トレード自体で資金はマイナスにならないといっても、投資資金が尽きてお金を借りるということになっては本末転倒になってしまいます。常に資金管理は必要となる点は覚えておきましょう。

また株式投資やFXと比べると、ある意味でリスクは少ないと言われるバイナリーオプションですが、倍々プッシュでペイアウトされた利益をそのまま次の取引に全額投入していくという手法では、必ずどこかで資金は0になってしまうでしょう。たとえば、ペイアウト率が200%(2倍)のバイナリーオプションを行った場合、4回連続で取引に成功し、全額次の投資に投入した場合、手持ち資金は最初の16倍になります。しかし5回目の取引に失敗してしまえば、当然すっからかんになってしまいます。ずっと勝ち続けられる人はいませんが、人間どこまでも負けるまでチャレンジし続けるので負ける確率が高くなってしまいます。そうならないためにも、投資資金はペイアウトされた時点で一部を残し、手持ち資金を常に置いておくようにしておくのが安全となっています。

バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションには大きく2つの種類があります。それは「ラダー取引」と「レンジ取引」と呼ばれるものです。

まず「ラダー取引」ですが、これは通貨レートが上がるか下がるかを予想するだけのもの。二者択一のものとなっており当選確率は50%となります。業者によって異なりますが、多くの場合ペイアウト率は2倍程度です。一方「レンジ取引」は、通貨レートが上がるか下がるかに加えてどのぐらい価格が動くかを予想するものです。この場合は二者択一とはならず当選確率は大きく変わります。当選確率が低く抑えられているものはペイアウト率が大きくなりますし、当選確率の高いものはペイアウト率が低くなります。初心者はラダー取引でまずはバイナリーオプションというものに慣れ、その後レンジ取引に挑戦し、大きな利益を狙っていくルートが良いでしょう。

バイナリーオプションの資金効率

バイナリーオプションはFXと比べると資金効率が高い投資方法という意見もあります。その理由は、回転率の高さにあります。バイナリーオプションは短期間で投資を数多く行える投資方法であるため、1日に数十回、場合によっては100回以上の取引を行うことも可能です。取引の数だけ投資効果が高まり、利益を得られるチャンスは広がります。
ペイアウト率を考えるとそれほど大勝ちすることは難しいものの、これだけの数の投資機会があれば、理論上は大勝ちも夢ではありません。

バイナリーオプション勝率アップの秘訣

バイナリーオプションは通貨レート上がるか下がるかを予想する投資方法です。そのためSNSなどの広告でも「単純に上がるか下がるかを予想するだけで稼げるバイナリーオプション」といった煽り文句のようなものを見かけることも多く、その言葉を鵜呑みにしてバイナリーオプションに手を出してしまって大損を食ってしまったという方も多いとか。単純に50%の勝率であったとして、全てを上がると予想した場合に勝てる確率は50%に満たないケースもあります。半か丁かの博打のようなようなものでは勝てるものも勝てません。少なくとも、勝てる確率を高くしないことには、バイナリーオプションをやる意味がありません。

そこで、当選確率を高める方法について見ていきますが

  • 過去の値動きを参照して今後の動きを予想する
  • 大きな値動きが起こりそうなイベントなどを狙ってトレードを行うこと

このことは株やFXでも同じことかもしれません。たとえば、重要な経済指標の発表、政策金利の変更などのイベントがある場合には為替相場が大きな変動を起こします。そのような機会に取引を行うことで勝てるチャンスは大きくなります。また過去の値動きを参照する場合には、さまざまなトレード手法を学んでおくことで為替レートが上がるか下がるかを読める確率が高くなる場合もあります。

バイナリーオプションにおける投資戦略について

バイナリーオプションは、ペイアウト率や判定条件、購入価格など決まった条件の中で購入を決定する単純な投資方法ですが、それでも戦略をしっかりと考えなければ利益を得られる確率は低いまま。バイナリーオプションで考える戦略はそれほど多くはありませんし、ましてやラダー取引のような形態の場合には戦略はあってないようなものに思えます。しかし、レンジ取引の場合には戦略がいい方向に進む可能性もありますので、きちんと確認しておきましょう。

そんなバイナリーオプションの戦略指針についてですが

  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差が大きい場合に、上がるか下がるか予想して投資する
  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差が小さい場合に、上がるか下がるか予想して投資する
  • 判定条件の通貨レートと現在の通貨レートの差があまり発生しない(動かない)場合に、レンジ・ワンタッチなどの条件を選択する、または投資を行わない

といった選択肢を実行していくことになります。タイミングの見極めがバイナリーオプションでは非常に重要と言えますが、相場が大きく動く時に利益を得られるチャンスが大きくなるのはバイナリーオプションに限らず株やFXでも同じ。加えてバイナリーオプションでは、取引可能時間内のどのタイミングで投資を行うのが適切かということも判断する必要があります。取引可能時間直前であれば変動幅は少なくなりますが、当選確率は高くなります。

しかし一方、投資タイミングが早い時間で取引可能時間まで時間がたっぷりある場合には、相場変動が大きくなる可能性も高く、当選確率が低くなるのは否めません。勝率を重視するのであれば取引可能時間近くに取引を行うのがベスト。高いペイアウトを期待したいのであれば、取引時間が長い状態で取引を行うのが良いです。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

値動きを予想するためのテクニックとして知っておきたい分析方法として有名なのが「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」でしょう。これは株やFXのところでもよく聞く言葉ではありますが、バイナリーオプションでも有効な分析手法のひとつです。相場の分析もせずに単に投資をするだけではギャンブル投資であるとお伝えしていますが、投資を行っている方の中でもしっかりと利益を出している方は、このテクニカル分析やファンダメンタルズ分析の手法を取り入れています。

「ファンダメンタルズ分析」ですが、こちらはファンダメンタルズという言葉が何かということから説明していきましょう。ファンダメンタルズとは、直訳すると「経済の基本条件」といった意味になります。国や企業を測る指標といったものです。たとえばわかりやすいものとして、GDP(国内総生産)統計や雇用統計、消費者物価指数、貿易収支、鉱工業生産指数などが定期的に発表されます。また各国の中央銀行が発表する政策金利も重要な指標の一つでです。

「テクニカル分析」とは、過去の値動きを見たうえで、今後の値動きを予測するチャートを活用した分析手法を言います。チャートとは株やFXでも目にしますが、値動きを棒グラフで追っていくローソク足は有名です。チャートを見ながら「今後この形になったら売り(買い)だ」ということを100%ではないながらも、過去の例を基に判断できるので、勝率を高めることができるようになります。

この2つの分析手法を上手に活用すればバイナリーオプションでの勝率を飛躍的に高めることは可能となります。

重要な経済指標が発表されるあたりでは相場が大きく動くことは普通にあります。たとえば、日本では円安が進んでいますが下降トレンドが続く中で上昇の兆しが見える数値が発表された、といった場合には上昇トレンドに転換するでしょう。経済指標が発表された直後には為替相場が大きく変動するため、そのタイミングを狙って取引に参戦するという投資家は多いです。

毎日ずっと画面に張り付いて相場を見続けているようなデイトレーダーでない限りは、このような経済指標が発表されるタイミングだけは見逃さないと考えているようです。通常は値動きが小さくてもこのタイミングだけでは一気に値が動くのでハイリターンを狙う人は注目しておきたいところです。

米国における経済指標発表時期

GDP4月,7月,10月,1月
ISM製造業景気指数毎月第1営業日
個人消費支出4月,7月,10月,1月
消費者物価指数毎月15日あたり
失業率毎月第1金曜日
ADP雇用者数毎月第1水曜日
政策金利6週間ごとの火曜日水曜日

ドル絡みの相場はとても重要

相場を見ていく中では流通量が多い通貨を追っていくのが勝率アップには欠かせません。

世界で取引量の多い通貨ペアのランキング

1位:EUR/USD (ユーロ/米ドル)
2位:USD/JPY (米ドル/日本円)
3位:GBP/USD (英ポンド/米ドル)
4位:AUD/USD (豪ドル/米ドル)
5位:USD/CAD (米ドル/カナダドル)
6位:USD/CNY (米ドル/人民元)
7位:USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
8位:USD/HKD (米ドル/香港ドル)
9位:EUR/GBP (ユーロ/英ポンド)
10位:USD/KRW (米ドル/韓国ウォン)

※ランキングは2019年4月の国際決済銀行(BIS)の調査に基づくものとなっています

となっています。こちらを見てわかるようにほとんどの通貨ペアでUSDが絡んでいることが伺えることから、USD(米ドル)を中心として世界経済は回っていると言えます。そのためドル相場に影響する経済指標を中心に分析を行っていくことが、バイナリーオプションにおいて勝率を高める最善の方法となります。

政策金利とは?

政策金利とは銀行が中央銀行(日本の場合には日本銀行を言います)からお金を借りる際に支払うこととなる金利のことを指します。銀行はこの借りたお金を個人や企業に貸し出しそのの際に金利を設定しますが、当然借りた金利より貸し出す金利が大きくなります。政策金利が上がれば一般銀行も貸出金利を上げざるを得なくなりますし、政策金利が下がれば、貸出金利も下がります。

金利が低ければお金を借りやすくなるわけで、経済が活性しやすくなりますが、金利が上がれば貸し渋りなどが発生し、企業などはお金を借りにくくなりますので経済が冷え込みます。そこで中央銀行は経済が冷え込めば政策金利を下げて投資を促すように持って行き、経済が上向きになると政策金利を上げて投資熱を抑制させようとします。このようにして経済情勢は中央銀行によって調整をされているとも言えます。

景気が上がっている国の場合政策金利は上がりますので、政策金利が上がった国の通貨は買われやすくなり、反対に景気が後退している国の場合には政策金利は下がりますので、政策金利が下がった国の通貨は売られやすくなります。

この政策金利は各国の中央銀行が定期的に開催する金融政策会合によって決められるものとなっています。政策金利に見直しが入ると、通貨レートが大きく動くことになりますので、この発表のタイミングにはバイナリーオプション取引を行うチャンスと言えます。

これらの指標を見てプラスの成長を示していれば、その国の通貨は買われやすくなりますが、マイナス成長を示していると通貨が売られやすくなります。このように「この国は安心できる」「ちょっと景気が減退しそうだから通貨価値が下がらない今のうちに売っておこう」といった判断をするために使われる分析指標となります。

ドル相場に影響する経済指標について

ドル相場に影響する経済指標にはGDP統計や雇用統計といったものが有名かもしれません。
まずGDP統計は、国の経済規模がどれぐらい増加したか(減少したか)を示す経済指標です。雇用統計は、その名が示す通り雇用状況がどれだけ良くなったか(悪くなったか)を示す指標となっています。特に雇用統計は毎月発表されるものということもあって、経済指標としてはかなりプライオリティの高いものとなっています。米国国内での失業率が高まると経済の減退と見られますし、失業率が低くなると経済が活性化していくサインとして捉えられることもあって、トレーダーの注目の的となっています。

雇用統計で意識したいのは、ADP雇用者数(こちらは多ければ多いほどよい)、新規失業者保険申請件数(少なければ少ないほどよい)、失業率(低いほどよい)、非農業部門雇用者数変化(高ければ高いほど良い)というものを見ておくと良いでしょう。

雇用統計ですが、毎月第1金曜日に発表されます(ニューヨーク時間で8時30分、日本時間は21時30分(冬時間の場合には22時30分))。このタイミングで相場が大きく動く可能性が高くなりますので、チャートからは目が離せなくなります。もちろん、大きく動く可能性があるといっても、全ては発言通りに動くかというとそうでもありません。たとえば、前向きな発言がなされたからといってもドル絡みの通貨ペアがあがるとは限らないのです。たとえば、雇用統計発表前には金融機関やシンクタンクなどによって事前に雇用統計予想が発表されますが、その数値より低ければ、ドルが売られる可能性もあるわけです。当然反対にマイナス予想していたものが、プラスに転じるような発言であった場合にはサプライズ的な相場に早変わりします。

要人の発言や戦争や政変、災害などでも相場の変動がある

為替相場では、有名な投資家や経済学者、各国の要人などの発言も影響することがあります。その中でも注目しておきたいのは各国中央銀行総裁の発言、米連邦準備制度理事会(FRB)のトップ、欧州中央銀行(ECB)のトップなどの発言はh為替に影響を及ぼすことから要注意です。

これまでにさまざまな戦争や政変、災害といったものによって為替相場に大きな変動が起きたことはあります。このような事変は経済指標とはことなり突然起きるものですので、予測はできませんが、その直後に相場が大きく変動することは確実です。とはいえこのような局面で上がるのか下がるのかどちらに転じるのかは初心者にはわかりにくいものです。そのため、この場合にはあえて投資を行わずに静観するのもありです。

FXトレーダーにとってバイナリーオプションはやりやすい投資形態

FXとバイナリーオプションには大きな共通点があります。それは為替相場がどのように動くのかを予想して投資する点です。そのためFXトレード経験が豊富な方だと、バイナリーオプションでの投資は意外と簡単に感じるかもしれません。FXトレードでは為替相場でのトレードの利確を行うために場合によっては損切りを行う必要がありますが、多くのトレーダーはそのタイミングがつかめず利益を減らしてしまうことがあります。

その点バイナリーオプションでは、終了時間は決まっていますので、そのような損切りタイミングに悩む必要がありません。損失額が取引の段階でわかりますし、金利変動リスクもありません。FXなら目を向けなければならない部分が数多くありますが、バイナリーオプションは為替レートが上がるか下がるかを予想する二者択一に成功することが目的ですので、その分簡単です。

逆にバイナリーオプションもFXも始めていない方の場合、バイナリーオプションから入って為替相場というものに慣れたのちに、FXにステップアップするということもありです。バイナリーオプションは少ない投資資金で決まった金額の利益・損失が出る取引方法です。FXは少ない投資資金でスタートすることはできますが、利確するタイミングを自分で定めなければならないので、タイミングによって利益を大きくできることもあれば利益が小さくなることもあります。

またFXでは「レバレッジ」といったてこの原理のように、今持っている資金の何千倍もの資金を扱える仕組みがありますので、莫大な利益を出せる可能性がある一方、国内FX業者のようにゼロカットシステムを設定していない業者の場合には、自己資金を下回る追証を抱えてしまうことがあります。市場から退場させられる可能性がある点もあるため、バイナリーオプションからスタートするのはありです。

バイナリーオプションは相場があまり変動しない時に有利に働く

バイナリーオプションは投資時点で利益も損失も確定してしまう投資方法ではありますが、やはりその分、利益を大きく出していくためにはコツコツと何度もバイナリーオプションを繰り返さなければなりません。その間すべての機会で勝てるわけではありませんので、負けながら勝つということを繰り返すことになります。このことはバイナリーオプションにおけるデメリットにもなります。

FXを併用することで損失を減らすことができる

バイナリーオプションとFXはある意味対極にある投資方法となります。そのため、この2つの取引を併用することで損失を減らすことができるかもしれません。FXには両建てという手法がありますが、これは似たようなものでリスク回避のための手法として使われます。ただし両建てについてはさまざまな制約、FX業者によっては禁止されているところもあります。

まとめ:バイナリーオプション業者をどう選ぶ?

以上バイナリーオプションについて見てきましたが、バイナリーオプション業者は何社かありますので「どのように業者選びをすべきか分からない」と感じる方も多いでしょう。優良なバイナリーオプション業者を選定するにあたって注目すべきポイントは以下になります。

バイナリーオプション業者を選定する方法
  • ペイアウト倍率の高い業者を選定
  • 使いやすい業者を選定
  • 信頼できる業者を選定
  • 主要通貨ペアを押さえた業者を選定

ペイアウト率の高い業者を選定

ペイアウト率とは、取引が成功した際に利益額を確定する倍率のこと。通常のペイアウト倍率は、1.7倍~1.9倍が平均値となっています。しかし最近では「2倍」を超えるところも出てきているため、始める際にはきちんとリサーチした上で取引をするようにしましょう。また、ペイアウト率は高ければ高いほど良いのですが、その分のリスクも押さえておきたいところです。

使いやすい業者を選定

バイナリーオプションは、ユーザーインターフェースの使いやすさや操作性も選定ポイントのひとつとなります。チャートの動きが遅いとストレスになりかねませんし、約定率はトレードに大きな影響を与えます。そのため、操作性がスムーズかどうか、あらかじめ口コミや評判をチェックしておきましょう。

信頼できる業者を選定

バイナリーオプションを始めるなら、「信頼できる業者かどうか」をしっかり確認しましょう。取引はあくまでも自己責任です。海外の会社を選ぶ場合には、金融ライセンス保有の有無や、運用実績や評判などについてしっかり調べてから利用することをおすすめします。

主要通貨ペアを押さえた業者を選定

バイナリーオプションは、業者によって各種通貨ペアや株価指数など、銘柄のバリエーションが違っています。取引環境が良くても、銘柄のバリエーションが少なくて思うような取引が出来なければ意味がありません。特にバイナリーオプション初心者の場合は、主要な通貨ペアを押さえている業者を選んでおけば間違いが少ないかもしれません。

投資活動において利益を出す、成功するためにはいかに正確な情報を得るかというのが非常に重要です。残念ながらバイナリーオプションは書籍も少なく、ネットの情報も株やFXと比べると格段に少ないです。とはいえ、有名どころのバイナリーオプション業者であれば、公式サイトを中心に新鮮で正確な情報を手に入れることができます。

バイナリーオプションはとにかく簡単な投資方法です。その分リスクは伴いますが、難しい投資方法を選んでなかなか実行できないよりも、実行できる投資方法を選んで少ない利益からでも確実に利益を出していくことが、投資活動の初心者には必要な事と言えるでしょう。そんなバイナリーオプション業者の一つであるゼントレーダー(Zentrader)はペイアウト率が高い点や、使いやすくシンプルである点などが人気を奏し、創業からわずか数年で人気も知名度も高くなってきたバイナリーオプション業者です。

日本人向けのサイトも用意されているのですが、あまり精度が高くはないので多少の不安はあります。それにゼントレーダー(Zentrader)に関する情報は多くは無いですが、検索するとヒットするものも徐々に増えてきていますので、一度試してみるのも良いかもしれません。バイナリーオプション自体が初めての方はまずはデモ口座からスタートしてみると実際の資金を使わずに済むので安心です。ぜひゼントレーダー(Zentrader)にてバイナリーオプションを極めてみましょう。

おすすめの記事