【即時出金あり】FXGTの出金方法は5つ!便利な出金方法はどれ?

FXGTとは、豪華なボーナスと1000倍という高いレバレッジで人気を高めている海外FX業者です。

あまり運用資金が準備できないという方でも、大きな利益を狙った取引を行うことができるので、一攫千金を狙いたい方はもちろん安定して収支をプラスにしたいという方に人気があります。

しかし、海外FX業者を利用する場合、自分が出すことができた利益を出金できるのかに不安を感じる人もいるでしょう。
そこで今回は、FXGTの出金方法について解説していきます。

FXGTの5つの出金方法

 

FXGTには5つの出金方法があり、それぞれ魅力やできることが異なります。

違いを理解して、自分に適した出金方法がどれか見てみましょう。

1.クレジットカード・デビットカード

 

クレジットカードやデビットカードを出金方法として選択することができるのは、クレジットカードやデビットカードで入金した場合のみです。
自分が入金した額分までは利用したカードに出金することができます。

このような仕組みになっているのは、マネーロンダリングを避けるためです。
クレジットカードでの出金は、返金という形で処理をされて登録銀行口座から出金することができるようになります。

自分が入金した金額以上に大きな利益を出すことができ、それを出金したいという場合はカード以外の方法で引き出す必要があるので注意しておきましょう。
対応しているのは「MasterCard」「JCB」の2つのみです。

クレジットカードでの出金手数料は無料で、出金処理時間は2営業日以内となっています。
しかし、カード会社によっては数か月かかるというケースもあるようです。

カード会社としてもマネーロンダリングが起こっていてはいけないので、返金の審査を厳しくしているというところもあり、その場合にはなかなか手元に戻ってこないということもあります。
クレジットカードで出金したのになかなか確認できないという場合には、FXGTのサポートはもちろんですがカード会社に問い合わせてみる必要があるでしょう。

名称 通貨 手数料 最低出金額 処理時間
MasterCard USD/EUR/JPY なし $50(約5000円) 2営業日
JCB USD/EUR/JPY なし $10(約1000円) 2営業日
クレジットカード出金のメリット
・手軽に出金が可能
・少額からの出金にも対応
クレジットカード出金の注意点
・カードで入金した場合しか出金できない
・入金した金額以上の利益は出金できない
・カード会社によっては時間がかかることもある

2 .仮想通貨

FXGTは仮想通貨の取引もできるハイブリッド型の取引所となっているので、FXで稼いだ利益を仮想通貨として出金することも可能です。
その対応通貨数も豊富で、「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「テザー」を利用することができます。
出金時に通常かかるトランザクションフィーはFXGTが負担してくれるので、手数料は無料となっている点もお得でしょう。
出金にかかる時間は48時間以内とされており、充分な早さです。
FXだけではなく、仮想通貨の取引を行っているという方の場合、仮想通貨での入出金が最もお得でしょう。
しかし、仮想通貨の価格も大きく変動しているので、チャートを見ながら出金を行う必要があります。
名称 通貨 手数料 最低出金額 処理時間
ビットコイン BYC なし 0.0001 48時間以内
イーサリアム ETH なし 0.05 48時間以内
リップル XRP なし 25 48時間以内
テザー USDT なし 25 48時間以内
仮想通貨での出金のメリット
・手数料が無料でお得
・知名度の高い仮想通貨には対応
・FXの利益で仮想通貨取引も可能
仮想通貨の出金時の注意点
・仮想通貨の価格変動リスクがある
・すべてのコインに対応しているわけではない

3.Bitwallet

 

Bitwalletはオンラインウォレットの1つで、対応している海外FX業者も徐々に増えてきています。
手数料を抑えて入出金ができる上に、国内銀行送金に対応していない海外FX業者を利用する時にも、Bitwalletを経由すれば日本の銀行口座から資金を振り込むことができるので、便利だと感じている方は多いようです。

FXGTでもBitwalletへの出金は無料となっており、48時間以内に出金が完了するので、より早く出金したいと思っている方に最適な方法だということができるでしょう。

FXGTでBitwalletを利用するメリットとしては、Bitwalletで入金をしていなくても出金が可能という点です。
多くの海外FX業者では、クレジットカードと同じようにBitwalletでの入金をしていなければ出金をすることはできませんし、入金額以上を出金することができませんでした。

そのため、入金額以上に大きな利益が出た場合、海外銀行送金を使わなければいけないというところもあり、多額の手数料がかかりもったいないと感じている方も多くいました。
しかし、Bitwalletで入金していなくても出金が可能となっていれば、自由に出金方法を選択することができるので便利です。

Bitwalletで入金をしていない状態で出金する際には事前にBitwalletのアカウント登録を済ませておく必要があります。
BitwalletとFXGTに登録しているメールアドレスが同一であればすぐに完了しますが、他のアドレスを使っている場合はBitwalletのアカウント登録画面を提出する必要があります。

ただ、無料となっているのはFXGTからBitwalletへの出金に関してで、Bitwalletから銀行口座に出金する際には一律777円の手数料がかかるので、注意しておきましょう。

名称 通貨 手数料 最低出金額 処理時間
Bitwallet EUR/USD/JPY なし $10(約1000円) 48時間以内
Bitwalletでの出金のメリット
・手数料が無料でお得
・Bitwalletで入金していなくても出金できる
・Bitwalletを経由することで国内銀行送金を利用することができる
Bitwalletの出金時の注意点
・Bitwalletから銀行口座への出金は手数料がかかる
・Bitwalletで入金をしていない場合には事前に登録が必要
・FXGTとBitwalletのメールアドレスが異なる場合はアカウント登録画面の提出が必要

4.STICPAY

STICPAYとは、Bitwalletと同じようにオンラインウォレットの一種です。
完全日本語対応のウォレットとなっているので、利用しやすいと感じている方も多くいるようです。
しかし、STICPAYは入出金に関する手数料が高いという点がデメリットだと言われています。
FXGTからSTICPAYに出金する時の手数料は無料となっているのですが、STICPAYから日本の銀行口座に送金する時には800円+出金額の2%の手数料がかかります。
同じオンラインウォレットであるBitwalletの方がお得ですし、出金額が多くなればなるほど手数料がかかるようになるという点が難点と言えるでしょう。
普段からSTICPAYをメインで使っているという場合には、利用しやすいと感じる人もいるようです。
名称 通貨 手数料 最低出金額 処理時間
STICPAY EUR/USD/JPY なし $10(約1000円) 48時間以内
STICPAYでの出金のメリット
・短期間での出金が可能
・日本語対応しているので使いやすいオンラインウォレット
STICPAYでの出金の注意点
・出金額によって手数料の金額が異なる
・手数料の設定が高い

5.海外銀行送金

FXGTは海外銀行送金にも対応しています。
ただ、すべての国内銀行に送金できるわけではなく、SWIFTコードを持っている銀行のみとなります。
知名度が高い銀行でいうと、PayPay銀行やセブン銀行などに銀行送金することはできないので、普段利用している方は他の口座を準備する必要があります。
国内銀行送金をすれば、普段使っている自分の口座に直接振り込みがあるので、移行するのが面倒という方にはおすすめです。
しかし、手数料が高いので利益が目減りしてしまうというデメリットもあります。
海外FX業者からの送金に対応している銀行でも、海外送金には2500円程度の手数料がかかるケースが多く、メガバンクの場合は3000~5000円程度の金額が必要となる場合もあります。
この金額がもったいないと思う方は、他の方法を選択した方がよいでしょう。
ただ、大きな金額を出金する際には銀行送金の方がお得なケースもあります。
例えば、Bitwalletの場合は1回で送金できる金額が50万円と決められているので、手数料を計算してどちらがお得か考えるといいでしょう。
名称 通貨 手数料 最低出金額 処理時間
銀行送金(電子決済) JPY なし
(銀行の手数料有)
1万円 5営業日以内
銀行振込 JPY なし
(銀行の手数料有)
1万円 5営業日以内
FXGTでの出金のメリット
・手続きが面倒ではないので手軽
・高額出金の際は手数料がお得になる
FXGTでの出金の注意点
・手数料が高いので利益が目減りする可能性がある
・SWIFTコードがない銀行には送れない

FXGTのおすすめの出金方法

では、FXGTを利用する場合、どの出金方法がよいのでしょうか?
それぞれの場面に応じて、おすすめの出金方法をご紹介していきます。

最も便利に利用できる方法を選びたい方は「Bitwallet」

FXGTが用意している5つの出金方法の中で最も便利でおすすめなのがBitwalletです。
Bitwalletは手数料も一律777円となっており、出金額によって変わることもないのでお得です。
また、出金速度も48時間以内とかなり早いので、安心でしょう。
SWIFTコードを持っていない銀行を利用しているという方でも、Bitwalletを経由することで銀行送金が可能となるので、どなたでも便利に活用することができます。
そのため、どの方法がいいのか迷ってしまうという方にはBitwalletがおすすめです。

手数料を抑えたい方は「クレジットカード」

クレジットカードを利用する1番のメリットは、手数料が無料という点です。
最近、海外FX業者のお得な出金方法としてBitwalletが注目を集めています。
しかし、Bitwalletでも1回あたり約800円の手数料がかかります。
国内銀行送金などを行えば、銀行によって2500~5000円程度の資金が必要となります。
ただ、クレジットカードの場合は手数料無料で出金できるので、より手数料を抑えて出金をしたいという方におすすめの方法と言えるでしょう。

仮想通貨への投資に力を入れている方は「仮想通貨」

FXGTと言えば、FXと仮想通貨のハイブリッド型の取引所という点が大きなメリットです。
そのため、FXだけではなく仮想通貨の取引を行っているという投資家の方も多く利用しているでしょう。
仮想通貨の取引に力を入れており、FXで稼いだ分は仮想通貨に入金したいと考えている方は仮想通貨での出金が最もおすすめです。
通常だと、FX業者から送金を行い、その日本円を取引所で仮想通貨に交換するという手続きが必要なので、時間や手数料も多くかかってしまいます。
しかし、仮想通貨での出金の場合は48時間以内に完了しますし、手数料も無料となっているのでお得に交換が可能となっています。
「ビットコイン」「イーサリアム」などの有名なコインに複数対応している点も魅力的でしょう。

大きな金額を出金したい場合は銀行送金

FXGTは最大1000倍という大きなレバレッジを利用できるので、大きな利益を獲得できる時もあるでしょう。
そのような時に多額の利益を1回で出金をしたいと思った方には銀行送金がおすすめです。
Bitwalletは一律777円の手数料ですが、1回あたりの出金上限額は50万円なので、それ以上の金額を引き出す時には複数回に分けなければいけません。
クレジットカードは手数料は安いですが、入金した額以上の金額は出金できません。
銀行送金は銀行側で想定されている手数料が他の方法よりも高くなっていますが、金額が増えても一律なところが多いので、その場合にはお得になるケースが多くあります。

まとめ

いかがでしたか?FXGTには特徴やメリットの異なる出金方法が5つ用意されています。
他の海外FX業者とは異なり、仮想通貨にも対応していますし、Bitwalletで入金をしていなくても出金で利用することができるため、便利に利用できると考える投資家は多いようです。
今後FXGTの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。
おすすめの記事