Zentrader(ゼントレーダー)口座凍結の実情

今回紹介する「Zentrader(ゼントレーダー)」は、海外バイナリーオプション業界では比較的新しい参入業者です。2018年に日本市場に進出しましたが、ハイローオーストラリアとの類似性が指摘され、話題となりました。しかし、一部のトレーダーの間で口座凍結に関する問題が報告され、Zentrader(ゼントレーダー)の利用の安全性に対する懸念が広がっています。

今回は、ゼントレーダーの口座凍結の実態について解説します。同時に、公式サイトから得られる情報を元に、口座凍結の原因となる可能性のある不正行為についても紹介します。ゼントレーダーの口座凍結問題に関心を持っている方や、安心して利用するための情報を求めている方は、ぜひ参考にしてください。

Zentrader(ゼントレーダー)とは?

まずは、海外バイナリーオプション業者の「Zentrader(ゼントレーダー)」について、簡単に振り返ってみましょう。2018年に日本市場でバイナリーオプションサービスを開始したゼントレーダーは、設立以来、日本人トレーダーの利便性を向上させる取り組みを行いながら、着実にサービスを拡大してきました。その結果、多くのトレーダーから支持を集めている人気の業者となっています。

Zentrader(ゼントレーダー)のメリットには、以下が挙げられます。

メリット
  • 縛りの少ないルールとお得なキャッシュバック
  • 最低入金額は5,000円で手軽に始められ、入出金方法も多彩
  • 親切丁寧なカスタマーサポート対応
  • 高いペイアウト率で最大2.00倍の利益を狙える
  • 豊富な32銘柄の取引可能

このように、魅力的な要素がたくさんあるため、初めてバイナリーオプションを始める方におすすめの業者といえます。

Zentrader(ゼントレーダー)公式サイトからわかる口座凍結の原因

以下、Zentrader(ゼントレーダー)における口座凍結に関する情報をご紹介します。ゼントレーダーでは、一部のトラブルが報告され、口座の一部機能が凍結される事例がありました。具体的な内容は以下のとおりです。

  • 複数エントリーができない
  • エントリー金額が500円に制限される

これらの事象の原因はまだ明確にされていませんが、これらのトラブルが実際に発生していることから、自身の口座が凍結される可能性も考慮すべきです。

以下は、Zentrader(ゼントレーダー)の公式ウェブサイトの「利用規約」に記載されている違反行為の一部です。口座凍結を回避するためにも、参考にしておくと良いでしょう。

違反行為
  • 第三者による金銭アドバイス・声明・解説を受けた取引
  • インサイダー取引や市場操作
  • アカウントの乗っ取りや身分詐称または別のユーザーの所在地の隠蔽
  • VPSやVPN・自動売買を使用した取引
  • 他人のアカウントでの取引
  • Torブラウザもしくは同様のサービスの使用
  • アービトラージ・価格レイテンシー・遅延を利用した取引
  • 取引量に急激な変化が認められるスキャルピングもしくは手法

参考:利用規約|Zentrader

これらの行為は、他のバイナリーオプション業者でも禁止されています。通常、正当な取引を行っていれば、上述のような不正行為に巻き込まれる可能性は低いと言えます。

しかし、重要な点として、自覚せずに上記の行為を行ってしまった場合でも、その結果として口座凍結の対象になる可能性があります。したがって、「疑わしい行為は避ける」ということを心に留めておくことが重要です。慎重さを持って取引を行うことが、トラブル回避のために必要です。

Zentrader(ゼントレーダー)における口座凍結の種類とは?

Zentrader(ゼントレーダー)では、以下2種類の口座凍結があるといわれています。

● 限定口座凍結
● 完全口座凍結

それぞれの凍結内容次第で制限範囲が異なるため、詳しくチェックしておきましょう。

限定口座凍結

「限定口座凍結」は、課せられる制限の中で比較的軽度なものと言えます。全ての取引が完全に不可能になるわけではなく、取引できる範囲が制限されるという特徴があります。以下は、具体的な取引の制限の一例です。

限定口座凍結の制限内容
入金取引出金解除

Zentrader(ゼントレーダー)の限定口座凍結で注目されるのは、「500円でのトレード」が制限される点です。一部の口コミでは、「1日に5万円稼いだら口座凍結された」「出金申請したら不思議なことに口座凍結された」といった意見も見られます。

Zentrader(ゼントレーダー)における限定口座凍結の場合、入金に関しては通常通り自由に行えるケースがほとんどですが、取引や出金にはスムーズに進まないことがあるようです。

完全口座凍結

「完全口座凍結」とは、入金、取引、出金のすべてが完全に制限される口座凍結のことです。実質的には「強制解約」と同様の状態と言えます。

完全口座凍結の制限内容
入金取引出金解除
×××

この場合、疑わしい行為の疑いが晴れるまで待つしかありません。もし取引に問題がなかったことが証明できれば、口座凍結が解除される可能性もあります。ただし、その間には取引履歴が削除され、利益も没収される可能性があります。

口座凍結のリスクは、バイナリーオプション業者に共通して存在します。ルールを守った取引を行えば、口座凍結の心配はないため、危険な行為を避け、安全にトレードすることが重要です。

Zentrader(ゼントレーダー)の凍結を解除する方法

何の心当たりもないのに口座が凍結された場合、どうにか対処して取引を再開させたいと思う方も多いでしょう。Zentrader(ゼントレーダー)の口座凍結を解消する方法としては、カスタマーサポートへの交渉しかありません。

Zentrader(ゼントレーダー)では、平日24時間対応可能な日本語サポートを受けられます。カスタマーサポートには2種類あり、トレーダーの好みに応じて「問い合わせフォーム・チャット」からの選択が可能です。

また、バイナリーオプション業者は土日だと連絡がつかないケースが多いなか、Zentrader(ゼントレーダー)は年中9時から17時まで対応している点には安心できます。急に口座凍結を言い渡されても解決を図れるため、特に初心者には有難いサービスといえるでしょう。

ただし、Zentrader(ゼントレーダー)の口座凍結における解消事例は、今のところありません。凍結が解除されないということは、今後ゼントレーダーを利用できないということを意味します。そうなれば、もう別のバイナリーオプション業者への乗り換えを検討するのが良いかもしれません。

公式サイトには過去のトラブル事例が掲載されているヘルプセンターも用意されているため、そちらも確認してみてください。

Zentrader(ゼントレーダー)の口座凍結を防ぐためにできること

何の心当たりもないのに口座が凍結された場合、解決策としてはZentrader(ゼントレーダー)のカスタマーサポートとの交渉しかありません。

Zentrader(ゼントレーダー)では、日本語でのサポートが平日24時間可能です。カスタマーサポートには2つの選択肢があり、トレーダーの好みに合わせて「問い合わせフォーム・チャット」から選ぶことができます。

また、バイナリーオプション業者は週末には連絡がつかないことが多い中、Zentrader(ゼントレーダー)は年中無休で9時から17時まで対応しています。口座凍結の問題が突然起きても迅速に解決に向けて取り組むことができるため、特に初心者にとって心強いサービスと言えます。

ただし、現時点ではZentrader(ゼントレーダー)の口座凍結解消事例は報告されていません。口座凍結が解除されない場合、Zentraderを利用することはできなくなる可能性があります。その場合は、他のバイナリーオプション業者への移行を検討することも考えられます。

ヘルプセンターでは、過去のトラブル事例も公開されているため、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの記事